田北百樹子の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

田北百樹子のプロフィール

田北百樹子、たきた・ゆきこ。日本の社労士。北海道出身。田北社会保険労務士事務所を開業。社労士の仕事だけでなく、人事考課制度導入支援や、新入社員教育、ビジネスマナー教育などを行っている。著書に『シュガー社員から会社を守れ』『シュガー社員が会社を溶かす』『ブラック企業とシュガー社員』『問題社員の取扱説明書』『叱って感謝される人、逆ギレされる人』ほか。

問題社員といえども、はじめは気づきを促し、反省して仕事への姿勢を改めるのを待ちます。それでも駄目なら、上司が一対一で話し合い、今後の勤務態度によっては懲戒処分もあると断固として伝えます。結局、自分が認められない、この会社にいても将来はないと思えば、退職を考えるしかありません。しかし、強引に追い込むと、パワハラや不当解雇で訴えられることもあり得ますから要注意です。


男性で一番嫌がられるのが、平気で嘘をつく人です。返事が「多分」などとあいまいで、面倒なことは放っておき、時が過ぎるのを待ちます。おそらく「誰かが何とかしてくれる」という甘えが根底にあるのでしょう。こんな社員にはやや手荒な方法ですが、知人などをに依頼して、厳しいクレームをつけてもらいます。そして、最後まで本人に解決させ、欠点を自覚させます。そうでないと、彼は同じ過ちを繰り返し、いつかは会社に多大な損害を与えかねません。


女性に多いのが、自分が頼まれているのに苦手なことは他人に押し付け、おいしいところだけ持っていき、ちゃっかり、ぬくぬくとしている社員です。厄介なことにこのようなタイプは役員などのウケがよく、評価も意外と高いのです。ですから上司も強く批判できません。しかし、そのままでは職場の雰囲気は悪くなり、仕事を押し付けられ責任を取らされた人のモチベーションも下がります。目立つものの、少しきつい仕事を与えて自分の壁を認識させるなど、勘違いに気づかせる必要があります。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ