田中雅子(コンサルタント)の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

田中雅子(コンサルタント)のプロフィール

田中雅子、たなか・まさこ。日本の経営コンサルタント、税理士。静岡県出身。慶應義塾大学法学部卒業後、浜松大学大学院、慶應義塾大学大学院を修了。MBA(経営学修士)、LLM(法学修士)を取得。外資系企業に就職し1年で部長に昇格。経理、財務のマネジャーを務めたのち、ユニクロを展開するファーストリテイリングに移り、数々のプロジェクト立上げに関与。その後、一部上場企業執行役員、同社子会社社長などを歴任したのち独立し、田中総研を設立。著書に『日本一の実行力部隊 ユニクロで学んだ「巻き込み」仕事術』ほか。

どの企業でも使える人的リソースは限られています。その中で最大限の力を発揮するには、「あいつは使えない」というひと言で切り捨てるのではなく、すべての人をフル活用しなければなりません。そこで、「誰にでも強みはある」という前提でメンバーを観察してください。ネガティブな情報も発想を変えて、ポジティブに変換します。そうすれば誰にでも必ず強みが見つかるはずです。


私がユニクロのマネージャーだった当時は、女性管理職は気が強い人というイメージがあり、一人で役員に提案をしに行くと身構えられてしまって話が進まないことがよくありました。そこで、上層部から人望が厚い男性マネージャーに同行してもらうことにしました。予想通り、私よりもその男性から言ってもらった方が話がすんなり通りました。


各自の強みに合った役割を割り振ることで、仕事が上手くいくだけでなく、メンバーが「自分の強みを活かそうとしてくれている」と感じ、モチベーションが高まって、自発的に動くようになります。


人を巻き込むとは、指示を出すことではありません。マネジメントの本来の意味は、会社が掲げる目標に向かって、メンバー一人一人を自走させることです。重要なのは「自走させる」という点です。指示して動かすのではなく、メンバーの強みだけを活用して、モチベーションを刺激しながら、彼らが自発的に動くようにすることがマネージャーの役割です。


ピラミッド型の組織で、その中間層である管理職は「上と下に挟まれて身動きが取れない」と感じることが多いようです。しかし、見方を変えれば、上にも下にもコネクトできるいわば全方位的中心「ハブ」の役割を果たせる唯一の立場でもあるわけです。上や下だけでなく、左右や斜めなど、全方位に目を向け、自分が円の中心に位置するのだという意識を持ってください。


私の経験では、いったん周囲を巻き込んでしまえば、勝手にものごとが回るようになります。他人の力を借りて仕事を進めるので、管理職が仕事を抱え込むこともありません。周囲を巻き込むことは組織のためだけでなく自分自身が楽しく仕事をすることにもなるのです。


会話の進め方についてもほかの人の力を借りて作戦を練るのが有効です。社長にプレゼンをするなら、社長に近い役員に効果的な提案法を事前調査します。そこで得た情報から、社長が論理的で長い話を嫌うタイプの人だとわかれば、裏付けとなる細かい数字を並べた資料を用意したうえで、3分以内で簡潔に要点を伝えられるよう話をまとめます。ただし、これらの作戦を成功させるには、同行してもらう人やアドバイスをもらう人と、事前に人間関係づくりをしておく必要があります。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ