田中邦裕の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

田中邦裕のプロフィール

田中邦裕、たなか・くにひろ。日本の経営者。レンタルサーバー事業などを手がけるさくらインターネット創業者。国立舞鶴工業高等専門学校在学中にレンタルサーバーのさくらウェブを設立。卒業後に法人化し、同社を大きく成長させた。

プログラマーというのは、自分の仕事の領域に関しては深く勉強するのですが、ほかの領域については無関心になりがちです。しかし、いまは、プログラマーといえども、システムやデータベース全体に対する総合的な知識とスキルがなければ、自分の仕事領域を十分にこなすことは難しくなりつつあります。


オープンソース方式でプログラミングをする技術者のモチベーションは非常に高い。オープンソース方式の場合、開発に参加している技術者は、通常無償で開発に参加をしており、いわば好きでやっているわけですね。自らの興味によって開発をしているだけに、高い集中力や発想力が発揮されるのでしょう。私も技術者出身なので、よくわかります。


リナックスはある特定の事業者の製品やサービスに依存せざるをえないメーカーロックインを回避できるというメリットもあります。特定の事業者の製品やサービスに依存することがないため、最適なサービスやシステムなどを自由に選ぶことができるのです。システムの保守、改修などのメンテナンスも事業者に任せることなく自分たちでできますから、コストが増大することなく安価な価格設定にも寄与しています。


私が事業を始めたのは1996年で、サーバの運営・管理に必要なプログラムひとつとっても数百万円もしたのです。当時はまだ学生でしたから、無料で使えるリナックスをまず選びました。リナックスはオープンソースなので、すべてのソースコードにアクセスができ、自分たちが使いやすいようにプログラムを改変することができます。そのため、使っているうちに、自分たちのプログラミングの技術を高められるのです。これは非常に大きなメリットで、不具合があれば自分たちですぐに補修できますし、随時、改良することが可能になります。


以前は、ネットワークだけ詳しければ仕事は成立していましたが、もはや、ネットワークはもとより、サーバ、ハード、そしてクラウドコンピューティングについても詳しくないと、顧客が満足するネットワーク環境を提供できない状況が生まれてきています。さらに、そうしたプログラミングの技術だけでなく、システムのコンサルティングや、コンサルティングをするためのプレゼンテーション能力なども求められるようになってきました。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ