田中稔哉の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

田中稔哉のプロフィール

田中稔哉、たなか・としや。日本のキャリアカウンセラー。大学卒業後、アパレルメーカー・ワールドに入社。その後、コンサルティング会社勤務、ベンチャー企業経営などを経て日本マンパワーに入社。同社で取締役を務めた。キャリア・デベロップメント・アドバイザー(CDA)、1級キャリアコンサルティング技能士、精神保健福祉士。

部下の「これがやりたい」という意識と、上司から与えられる役割が一致すればベストです。そのためには部下一人ひとりの価値観や性格、興味の対象や能力を把握することが不可欠。


部下に仕事を与える際に、「なぜ君に頼むのか」「それがどんな意味を持つのか」を丁寧に伝えるようにするだけで、部下の反応は大きく変わってくるはず。


お金や地位に価値を見出さない人も増えており、上司が「頑張ればボーナスが増えるよ」と言えば言うほど、かえってやる気が下がってしまう可能性すらある。


数字や実績の管理は重要とはいえ、それだけで部下を評価してしまうと、チーム内の競争が激化し、「競争に負けたら、自分の居場所がなくなるかもしれない」と考える人が増えます。「自分の居場所がなくなる」ことは、組織人にとって最大のストレスになるのです。数字や実績だけではなく、先輩が後輩の面倒を見たり、メンバーの仕事をサポートしたりということもちゃんと見て評価する。


メンタルダウンのサインの一つとして、「普段ならその人がやらないようなことをしている」ことが挙げられます。いつも身なりが清潔な人が、ひげをそり残していたり、シャシが汚れていたりする。そうした変化があったら、「何かあったのかも」と疑ってみましょう。普段できていたことができなくなるというのは、心のエネルギーが低下している証拠です。あくまで、「最近、調子はどう?」など、さりげない会話で十分。大事なのは、「君のことを気にかけているよ」という気持ちを伝えることなのです。


どんなに上司が配慮しても、部下が心の不調を抱えてしまうことはあります。その場合でも、いきなりメンタルダウンになるのではなく、事前になんらかの「サイン」を発していることが多いもの。その「サイン」を見逃さないようにすることが重要です。


上司が部下を攻撃してしまうのは、厳しい言い方をすれば、「自分の弱さの表われ」です。「自分は部下を変えられないのだ」という無力感に耐えられないから、「自分は悪くない、変わらない部下が悪いのだ」と責任を押しつけてしまう。「部下もいろいろだから、変えられない人もいるさ」と受け入れることができれば、自分自身もラクになります。


大事なのは、「メンバー同士を競わせるなら、スキルに限定する」ということです。営業成績が悪かっただけなのに、「だから君はダメなんだよ」と人格まで否定する上司がいますが、これは最悪。視点をあくまでスキルにフォーカスし、「訪問件数が少なかったのでは?」「クロージングのトークを変えたらどうか」など、具体的なスキルについて指摘するべきです。


チーム内でメンバー同士が関心を持ち、「この仕事は君が得意だよね」と認め合うような雰囲気が作れればベスト。上司がいないところでも部下が互いにモチベーションを高め合ってくれるので、マネジメントの負担も軽減されます。


注意したいのは、若い世代の中にはまだ「自分は何をやりたいのか」という意識が確立していない人も多いということ。まずは、上司が自分の考えを伝える場を作り、「上司である自分は、部下に何を期待しているのか」を示すこと。部下はそれに共感することもあれば、反発することもあるでしょう。でも、それでいいのです。そうした中から、「自分はこれがやりたかつたのだ」という意識が見えてくるからです。


現在の管理職世代には、「仕事は自分でつかみ取るものだ」という考えが残っていると思いますが、そこはぐっとこらえて「役割を与えてあげる」という意識を持ちましょう。


こんな時代に部下のモチベーションを向上させるにはどうすべきか。一つの答えとなり得るのが、「役割の獲得」です。これは若い世代にとくに多く見られる傾向ですが、「この仕事なら君だよね」などと、組織の中での役割を与えられることで、がぜんやる気が高まるのです。組織の中で「自分の居場所」を獲得することで、精神的に安定するという効果もあるでしょう。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ