田中宏司の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

田中宏司のプロフィール

田中宏司、たなか・ひろじ。日本の経営学者。「東京交通短期大学」教授・学長。中央大学第二法学部卒業、中央大学第二経済学部卒業。日本銀行、ケミカル信託銀行管理本部副本部長・コンプラインスオフィサー、早稲田大学講師などを経て立教大学大学院経済学研究科教授に就任。そのほか、東京交通短期大学学長、日本経営倫理学会副会長などを務めた。

まず現場における行動基準を周知徹底し、社内でコンプライアンスの遵守とフォローアップの体制を整備すること。そして、地道にかつ適正にコンプライアンス経営を実践し続けることにより、はじめて社会からの信頼が得られる。


企業が誠実に事業活動を行なうには、経営トップのリーダーシップとコミットメント(公約)のもとでの経営理念・価値観を共有化することが重要。


コンプライアンスの真の意味は、「ビジネスにおける誠実性」。


企業不祥事が発生すると、「悪循環」「逆スパイラル」に落ち込む。「顧客離れ→売上減少→利益の落ち込み→株価下落→資金繰り悪化→社員の士気低下→経営の動揺」と、まるで坂を転げ落ちるような勢いで企業経営は悪化する。最悪の場合は、経営破綻にもつながる。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ