田中健介(経営者)の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

田中健介(経営者)のプロフィール

田中健介、たなか・けんすけ。日本の経営者。外国人向け賃貸仲介会社「ケン・コーポレーション」創業者。愛媛県出身。早稲田大学第一政経学部卒業後、時計バンド製造販売の「マルマン」、外国人向け賃貸仲介会社を経て「ケン・コーポレーション」を設立。富裕層向けの賃貸仲介、ホテル事業などを行い同社を成長させた。

一強とはあらゆる点でトップレベルということを意味しており、一強即ちトップレベルを目指すところに不況なし。


何事においても志が高くなければ躍進し成長していくことは難しく、ややもすると淘汰される側になりかねない。


これからの時代は何でも一強百弱、その一強を目指せ。そして、一強になっていればダントツの一強を目指せ。


一強を目指す志と情熱が無い限り、サバイバルも難しい。


不況の度に、当社は本業をとにかく強化し、ダントツを目指しました。すると、その度に社業が伸びてきた。


金メダルを目指さないと、銅メダルはおろか入賞すら難しい。最初から銅メダルや銀メダルを目指してはいけない。


企業として現在続けている意義の高い仕事において業界の一強、トップ企業になることが発展につながります。


私は衝動的に命令せずに、熟慮と段階的な予測をして、かなり先まで読んでから決断します。


ある分野に特化して無敵の分野を持つというのが、経営哲学の柱の一つです。


邪欲が多ければ、社員はついていけません。


「達成すべきビジョン」「近未来の目標」「目先の目標」をきっちりと分けています。ですから、その場限りで衝動的に事業を行ったりはしません。


育てる上司たちは、指折りの良い上司にならなければいけない。そして上司は悪い点はちゃんと戒めて叱らなければなりません。叱ることをタブーにされたおかげで日本はここまで教育が崩壊したのです。私は当社に入ってくる社員を教育し直してきました。そのおかげか、お客様に評判の良い社員が増えております。


至高のホスピタリティとパンクチュアリティ(時間厳守)が信頼を築き、好運を招くと指導しています。この2つを貫けば、誰でも大きな信用を得られます。


戦後の教育は叱ることをタブー視されていて、わがままな人間が育ちました。当社に入る社員には、私が先生代わりになって、倫理観や道徳、今でいうコンプライアンスを徹底的に叩き込みます。それが信用を作る基盤になるからです。


私のビジネスのやり方は、ある分野に特化して、どこにも負けない無敵の分野を切り拓くことです。その分野を守り、育てることで、ますます特化する。だから無敵になるのです。


上場は今のところ予定していません。我々は株価を高めることが目的ではありません。物言う株主に影響されて、資産を売却したり、余剰金を配当すると、長期的には企業が脆弱化してしまいます。我々は、余剰金や余剰不動産で磐石な基盤を形成し、確固たる哲学と実業で、人材が資本の会社をつくることが目標です。


私は得意なものをさらに磨いて無敵なものにすることが生きがいなのです。戦々恐々とするのは好きではない。また運不運が左右する麻雀などの賭け事も好きではありません。


経営と囲碁の共通点は未来をシミュレーションし、その見通しから現実を変えていく視点です。囲碁で言えば、最後の終局を目指しながら打っていくということです。


我々はバブルに踊らないで本業に集中していましたが、それでも不良債権は時価にして数十億円はありました。この不良債権を処理しないことには、銀行が振り向いてくれません。そこで本業で稼いだ利益をまわしたり、リストラを行うことで、不良債権を短い期間で処理し、他社に先駆けてビルやホテルのオーナー事業への足がかりをつけたのです。


新入社員は本人の適性に応じて、夢のある選択肢を与えています。例えば、ホテル事業では外国の一流ホテルでマネージャーとして赴任することもできますし、メディア事業に関わることもできるのです。ケン・コーポレーション自体が社会人大学であり、私が学長となって無敵のスキルと人格を持った社会人を養成しているのです。


80年代のバブルは5億円の物件を買えば、3カ月後に10億円で売れた時代です。だから銀行がいくらでも貸してくれた。「その波に乗らないほうがバカだ」と多くの人が言っていました。でも私は「それこそ危ない。失敗する」と思っていました。土地の値段が上昇している間はいいですが、下落した瞬間に、一斉にみんなが売却し、時価が暴落して破産します。その流れを確信していました。


私は若い頃、相場で失敗したことを、肥やしにしています。当時は友人が大儲けしたので、私も闘争心に煽られて、友人と一緒に買ったら、大損しました。それ以降、投機は二度としないと固く誓ったのです。それ以降、転売目当ての投機は絶対に行いませんでした。


当社は、開発分譲など、大手不動産会社と競争になる分野は手がけません。だから、三井不動産や三菱地所、野村不動産ホールディングスなど、どの大手不動産会社とも対等にお付き合いできます。ケン・コーポレーションは偉大なる八方美人で、どこからも依頼を受けるのです。


外国人向け高級賃貸住宅の分野では人脈や経験、ノウハウが必要であり、大手不動産といえども、我々が35年かけて築いた経験や人脈には、太刀打ちできません。


現在、日本のホテルのオーナーランキングで、部屋数でベスト10に入るほどになったので、私を「ホテル王」という人もいますが、所有することが目的ではありません。我々がホテル事業を手がけるのは、一流ホテルを運営することでその地域を観光地として発展させ、地元経済の活性化に貢献していきたいからです。


当社の強さは創業以来、大使館や外資系企業で働く外国人や富裕層の日本人を顧客層にして、実績を積んできたことです。両方ともリピートで高い信頼を勝ち得てきました。これは資本の力だけではできないことです。


当社は全社的に社会貢献意識を忘れず、王道を歩み続けます。この意識が半端な状態では必ずボロが出て会社が危機に瀕することにもなる。


単に精神的、抽象的なスローガンを並べるだけでは難しいと思います。タイムリミットを設け具体的な達成目標を定め、個々の生産性やスピードの向上、部内のチームワークや志気の高揚、教育による個々のレベルアップ等々、多くの点でベスト化が実現できてこそ、ベストカンパニーに近づく。


トップ企業になれてからも、より断トツのトップになることを目指し、今日まであらゆる点で「向上・改革・改善」に向け継続努力してきたからこそトップの座を維持出来ているのです。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ