猿丸雅之の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

猿丸雅之のプロフィール

猿丸雅之、さるまる・まさゆき。日本の経営者。「YKK」社長。兵庫県出身。上智大学外国語学部卒業後、吉田工業(のちのYKK)に入社。米国駐在、常務、上席常務、副社長などを経て社長に就任。

商品はローテクだが、それをハイテクで作る。


単純なミスはダメですが、チャレンジによる失敗は、最終的に成功すればいい。


新しい分野に関しては、今までの延長では無理だ。よほどやり方を変えなければならない。


国によってもニーズは違いますし、極端に言うとお客様ごとに違います。お客様の一つずつの要望にお応えすることが一番。


各事業会社の力が最大限に発揮できることがベストだと考えていますので、各事業会社の自由裁量度は非常に強いと思いますね。


昨今、景気の低迷や社会情勢の大きな変化の中で、苦しむ企業も増えています。そんな中で、強固な経営理念を持っている会社の強さを、特に社長に就任して感じています。創業者から受け継いだものをこれからも大事にしていこうと思います。


YKKの企業精神に「善の巡環」というものがあります。これは創業者の言葉なのですが、「他人の利益を図らずして自らの繁栄はない」という考え方です。企業も社会の構成員の一部ですから、他者との共存なくして、当社の繁栄はない。


当社の社風かもしれませんが、OBからは「自由にやらせてもらって面白かった」とよく聞かされます。この自由裁量という点は大きいかもしれません。創業者である吉田忠雄氏の考え方は、今でもバックボーンになっていて、自由であると同時に自分たちの責任で仕事をしていくという社風があります。


最初から大きなグランドデザインがあってこうなったというわけではありません。顧客の動きに敏感に対応してきた結果です。その動きに対応し続けてきたので、拠点が各国に広がったのです。
【覚え書き|世界各地に拠点を持っていることについて】


ファスナー作りの工程は多岐にわたります。すべてを自社でやることによってコストアップになっている面もありますが、世界中で均一性を保つには必要なことだと思います。


当社は創業以来、材料からさかのぼって一貫生産するという姿勢は変わっていません。製造機械も自社製で、これを元に世界各地で製造しています。ですから製品仕様や品質基準等はすべて同じです。どこで当社の商品を購入していただいても、基本的には同じレベルのものが手に入るので、その点では大きな信頼を得られている。


我々がヨーロッパで高級ブランドに成功している背景には開発の一部を現地に移したということもあります。これはお客様の要望に合わせてタイムリーにお応えすることができるからです。


YKKの強みは継続的に持っている、蓄積している「技術」です。それと安くても品質が求められるところがあります。ですから、その信頼という点は非常に大きくて我々の強みだと思います。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ