片山正則の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

片山正則のプロフィール

片山正則、かたやま・まさのり。日本の経営者。「いすゞ自動車」社長。山口県出身。東京大学工学部卒業後、いすゞ自動車に入社。生販流通管理室生販業務部長、生販流通管理室長、事業改革推進室長、車両工務部長、執行役員、取締役上席執行役員、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

部長に直談判してCAD/CAMを購入したとき、動かしてみると自分が考えていたような効率化の成果はすぐに出ませんでした。何事も、自分の手を汚さなければ問題を解決できないと学びました。


東南アジア事業の責任者としてタイに駐在していたとき、各地を回る中で驚いたのがマレーシアのパームヤシのプランテーションでした。品質に定評のある四輪駆動のトラックがすぐに壊れるというので現場に行ってみると、理由が分かりました。道路はただ荒野を切り開いただけ。現場では、重さ20kgはあろうかという巨大なパームヤシを次々に荷台に放り投げているのです。本社の開発部門は「使い方が悪い」で片付けてしまいますが、それでは顧客から信頼は得られません。今では、開発の担当者がお客様のサポートに入り、現地で手に入らない部品の代替品を提案するなど、現実的なサポートができるようになりました。


現場では本社で考えるように簡単にはいきません。管理職は「こうやればいいだろう」と決め付けてしまいがちですが、それは自分の過去の経験や知識の範囲内にすぎない。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ