熊野英介の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

熊野英介のプロフィール

熊野英介、くまの・えいすけ。日本の経営者。リサイクル事業の「アミタホールディングス」社長・会長。兵庫県出身。スミエイト興産(のちのアミタ)に入社。取締役、専務取締役などを経て社長に就任。そのほか、公益財団法人信頼資本財団理事長、アミタ持続可能経済研究所社長などを務めた。

滋賀県高島市で環境共生型のお米作りをプロデュースしています。化学肥料、化学農薬を使わず、ビオトープや魚道といった共生策を実施するなどの取り組みにより、多くの生きものが育つ田んぼになりました。その「物語」と「品質」に共感、支持くださる消費者が増え、毎年、あっという間に完売します。


携帯電話から金が採れるので、廃棄物の回収が進んでいますが、採った残りはゴミになります。今は捨てる代金より金の価格が高いからいいでしょうが、これでは本当の意味のリサイクルとは言えません。私が目指す持続可能社会の実現はそういうことではなく、例えば製品を金属以外全部、燃料として使えるように最初から作ればいいのです。産業界は100%資源化できる製品作りにもっと努力すべきです。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ