熊平美香の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

熊平美香のプロフィール

熊平美香、くまひら・みか。日本のコンサルタント。青山学院大学法学部卒業、ハーバードビジネススクールでMBAを取得。金融機関金庫設備の熊平製作所・取締役経営企画室長などを務めたのち、日本マクドナルド創業者・藤田田に弟子入り。新規事業立ち上げに携わる。その後、人材教育の事業を行った。著書に『チーム・ダーウィン 「学習する組織」だけが生き残る』ほか。

自分のの世界観だけを頼りにせず、会社あるいは部門全体から自分の仕事をとらえることが大切です。会社や部門にはビジョンやミッションがあり、それを実現するための戦略があり、それを形にした経営計画があります。それに紐づいてあなたの部の今期目標があり、それを達成するために個々の仕事があるのです。その全体像をまず把握したうえで、あなたの上司はどんな役割を担っているのか、あなたは何を期待されているのかを考えてみましょう。期待に応えていると自由を与えられるようになり、自分のやりたい仕事もできるようになります。


上司とのコミュニケーションの取り方を工夫することことが大切です。人にはそれぞれコミュニケーションのスタイルがあります。口頭で細かく報告しないと機嫌が悪くなる人もいれば、細かい報告を求める点は同じでもメールを好む人、あまり細かく報告されても面倒だから、困ったときだけ相談にきてほしいという人、といろいろです。自分の上司はどうなのかをよく見極め、そのスタイルに応じたコミュニケーションを心がけるべきです。


上司に指示を仰がなくてもやれる仕事と、指示が必要な仕事をきちんと切り分けることが大切です。指示がなくても一人前にこなせるようになったのにいちいちお伺いを立てていたら上司もうんざりしてしまいます。逆に、難しい仕事に積極果敢に取り組むのはいいのですが、適切なホウレンソウ(報告・連絡・相談)なしで突っ走ってしまうと、上司はハラハラします。どちらも上司にとっては迷惑な部下です。


いつも自分を振り返っていたら落ち込むだけでは、という人がいるかもしれません。ご心配なく。よりよい未来をつくるために過去を振り返るのがリフレクションであり、過去の自分を責めるものではないからです。


リフレクションカを自分のものにするには、よかったこと、悪かったこと含め、過去をとにかく振り返ってみてください。重要なのは、何事も取り掛かる前に「意図」を持つことです。意図どおりの結果になったかどうかを振り返り、それに対する答えがYESでもNOでも、なぜそうなったのかを考えるのです。次に、何を変えればいいか、逆に何を変えずにおくべきかという仮説を立てる。これが次の行動における意図となります。その仮説をもって、新たな行動に向かう。これは自分の行動に関する「仮説→検証」のPDCAサイクルを回し続けることにほかなりません。


リフレクション(内省)には3段階あります。レベル1が出来事についてのリフレクションで、何か起きたのかを虚心に振り返る段階です。レベル2は他者や環境について振り返ること。レベル3が自己についての振り返りです。我々が過去を振り返る場合、大抵はレベル1と2に留まっています。しかし実はレベル3までいかないと成果は得られません。そこまできてようやく知らず知らずに前提としていた価値観(メンタルモデル)の存在に気づくのです。そこから次の行動に結びつけることができる。


なぜリフレクション(内省)が重要なのでしょうか。それは正解のない時代だからです。正解がなくても前進しなければいけません。結果はどうだったか、もし駄目だったらどうすればよかったのか。ポイントは、うまくいった場合でもリフレクションすること。チャレンジした経験から何でもいいので学び取るのです。


リフレクションという言葉をご存じでしょうか。日本語でいうと内省力。自らを振り返ることです。日本人の多くはその大切さを意識していませんが、リフレクションができる人材こそが今後活躍できると思っています。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ