熊坂隆雄の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

熊坂隆雄のプロフィール

熊坂隆雄、くまさか・たかお。日本の経営者。岩崎電気社長。福島出身。福島大学経済学部卒業後、岩崎電気に入社。経営管理部長、取締役経営企画室長、常務、国内営業事業部長、機器事業部長などを経て社長に就任。

私は面白く楽しく生き、しかも昨日より着実に成長したという喜びを獲得したい。社員にもそうあってほしい。これが実行できてこそ、顧客、株主、ひいては社会全体に貢献できるビジネスも具現化しているに違いないと確信しています。


営業では商品自体を売るというより、商品がもたらす効果を提案し販売に結び付ける。この意識が肝心です。お客様の悩みや要望を細やかに把握して最適な商品を提案し、技術部門にも必ずフィードバックする。従来以上にマーケットインの商品づくりを推進していくことも不可欠です。


企業は人なり、社員には自分自身の棚卸も行って欲しい。自分の強みを認識し自信を持ってほしい。そのうえで目標をみんなで共有すれば、各人の異なる強みは多くの光線が収束するようにひとつとなって、大きな成長エネルギーを発揮するでしょう。


弱い部分を捨てて、強い部分だけを残します。そもそも「弱くても頑張ります」という姿勢では、顧客や株主に失礼だし、不遜です。社員の意気も上がらない。社内外の資源を得意分野へ集中的に投入します。


私が入社した当時、すでに当社の光技術は多彩で高水準でした。いろいろなシーズ(研究開発の種)にあふれていました。ただ、HID(高輝度放電ランプ)の好調期が余りにも長かったため、他を伸ばそうというモチベーションが生まれにくく、いつしかおっとりとした社風に染まっていたのです。


企業の成長には社員の士気が欠かせません。その士気高揚のためには、新たな領域へ攻め込む経営が必要です。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ