澤田秀雄の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

澤田秀雄のプロフィール

澤田秀雄、さわだ・ひでお。旅行会社HISの創業者。高校卒業後、ドイツのマインツ大学に留学し、ヨーロッパを旅してまわる。帰国後、HISの前身であるインターナショナル・ツアーズを創業し、格安航空券を個人に販売し大成功を収める。その後、航空会社スカイマークエアラインズを設立や、ハウステンボスの経営再建に成功するなど、同社を総合旅行企業へと成長させた経営者

どこよりも速い情報と、どこよりも速い行動、それがどこよりも速いサービスにつながる。


口で言っても、なかなか伝わらないので、まずは結果を出そう。


うちは、人のやらないことをやる。ディズニーさんもユニバーサルさんもできないテーマパークを目指しています。


チャレンジしないと新しいものはできない。


チャレンジすれば失敗の確率も出てきます。ただ、失敗から学ぶことは非常に大きいですから、そこから新しいものが出来上がっていけば良い。


新しい時代は若い人が作るもの。


時代は容赦なく変化していきます。時代感覚に合わなくなったら社長は辞めるべき。


確かに失敗はしたくありませんし、問題は無い方がいいのですが、企業家たるもの危機を糧として学んでいくことが重要。


お客さんをリピーターにするには、「いつ来ても楽しい」という印象をもっていただく必要がある。


こだわりはいいのですが、それをお客さんに押し付けても意味がありません。


任せるなら、優秀な人間にとことん任せる。任せないのならば、とことん自分でやる。


私の企業家人生は失敗の連続。失敗したときほど明るく元気に振舞い、原因を突きとめて、教訓にすれば、必ず成功します。


失敗してもいいからチャレンジする。挑戦する限り、問題が起きたり失敗したりするのは当然です。


厳しさや苦しさを乗り越えて継続し、より高い成長を目指す企業こそ、素晴らしい企業。


大きな夢を持つことが大切。その上で時代に合った変化や創造をしながら、奢らず、基本や原点を大事にすることで、企業はまた発展していく。


手を抜いていては、力は付かない。努力の積み重ねが、運をも呼び込む。


問題は常に起こりうるもの。努力を継続していれば、即座に対処することが可能だ。


どんなにつらくても明るく元気に振る舞うことで、最終的には勝利を手にしてきた。何事も、諦めずに継続することが一番大事。


運は自ら掴むもの。運は「運ぶ」と書くように、自分の力で引き寄せなくてはならない。


従業員には「全世界から学べ」と言っています。良いところは全部吸収するのです。


ダメなところがわかれば、それを治療すればいい。


たいていの事業は3年やれば結果が出るもの。3年やってダメなものは何年やっても同じ。


とりあえず皆で検討して、莫大な費用がかかるなど、致命傷にならない限りはチャレンジします。


たくさんの方の意見の集合が良いものを生む。


可能な限り失敗は回避すべきですが、チャレンジと失敗は隣り合わせです。必要以上に恐れてはいけません。


あらゆる分野において、経験値の高い優秀な方に学ぶことによって、人は育つと思います。


人間がもめる原因はコミュニケーション不足にあることが多い。


人々に喜ばれるような企業でなければ、結果的に存在価値が無くなってしまう。


チャレンジしなければ失敗や損をする確率は少ないですが、新しい時代を担うことはできない。


危機はチャンスであり、マイナスはプラスに変えればいい。


人気がなかったものはやめるか、修正をして、いまも試行錯誤を続けています。内容は毎年よくしているので、お客様もまた来てくれます。


ハードもソフトも、改良するためには実用で使ってみたほうがいい。


集中と選択、経営の王道は一つのことを極めることです。


様々なことをやってきましたが、経営の基本は集中です。一業種で日本一、世界一になることが成功の秘訣だと思います。


いつも言っているのは、世の中の役に立つ、時代に合った会社にするということです。


一番大事なのは、お客様の目線で、商品・値段を提供することです。あとは、時代に合ったシステムを構築してきたことです。


挑戦しなければ失敗せずに済みますが、新しい時代も、新しいこともできません。挑戦することで世の中のためになるのです。


努力する人には必ず運が向いてきます。それを見逃さないこと。


会社が大きくなると、経営者には驕りが生まれたり、安心感から油断が生じたりします。すると、変化の激しい時代ですから、すぐに時代にマッチできなくなります。


怖いのはむしろ業績が急上昇しているときなのです。上り調子のときほど、転落のスピードが速い。


数々の失敗があったからこそ、今がある。


ピンチのときにも挑戦し続けなくてはならない。ピンチのときほど前向きになるべきだ。


人は好調が続くと安心しますが、そんなときほど問題が生まれやすい。


何のために働いているのかというゴールが見えなければ、人は走り続けることはできない。


施策を実行するのは、言うまでもなく社員です。社員がやる気にならねば何もできません。


事業を伸ばすには「一番低いところ」を改善すればいい。その企業の一番弱いところ、と言い換えてもいいでしょう。


私自身、これまで社員に積極的に挑戦する姿を見せるとともに、社員の失敗を罰するようなことはせず、積極的に挑戦を促してきました。


解決法を考えることは、新たな発見の糸口にもなります。


問題には必ず原因があります。また、数字は正直です。原因や数字を現実と踏まえることで、必ず対策が見えてきます。


人の注目を集めるためには、ナンバーワンかオンリーワンであることが必要。


大手と戦うベンチャー企業は、「ニッチだけどいずれはマスになる」ような市場を見つけなければなりません。


これまで取り組んできた事業を改めて見てみると、どれも他の人が当たり前だと思っていることを疑うところから始まっています。


皆が不可能だと思うことでも、思い込みを排除してフラットな目で見れば、解決すべき道が見えてきます。


暴利を貧るな、でも適正な利益は確保しろ。


困難なことにチャレンジしたくなる、これは私の病気みたいなものです。


中途半端なことをやってもお客さんは来ません。


経営は人がすべて。人材が育つかどうかで、会社の行く末が決まります。


変化のスピードが速い時代を生き抜くのはしんどいことだが、裏返して考えてみれば、一夜にして巨万の富を手にできる面白い時代でもある。


万人に平等に与えられている1日24時間という時間をいかに過ごすかによって、成果が5倍、10倍、時には100倍にもなる。


イベントはオンリーワンかナンバーワンの企画をやるしかありません。


ハウステンボスの再建依頼を引き受けた一番大きな理由は、「難しい案件だからこそ、やってみたくなった」です。高い山があったら、登りたくなるものでしょう?


自分がいる場所が変われば、見える風景はまったく違うものになる。


失敗してもいいんですよ。失敗も経験値になりますから。失敗体験の中には、新しいものを生み出し、問題点を解決するヒントが必ず隠されています。


チャレンジの際は2つの条件を守るべきです。

  1. 致命傷にならない規模で行なうこと。やはり会社が潰れるような挑戦は避けるべきです。
  2. ルールを破らないこと。法律にのっとるのはもちろんのこと、企業にはそれまで培ってきたルールがあります。売掛金を作らない、人をだます商売はしない、などです。

チャレンジしなければ変化は起きない。変化しないと新しい製品やサービスは生まれてきません。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ