澤田充(経営者)の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

澤田充(経営者)のプロフィール

澤田充、さわだ・みつる。日本の街づくり専門家。住環境・商業環境・地域活性から都市プロデュースを行うケイオスの社長。兵庫県出身。関西学院大学を卒業後、リクルートに入社。約9年勤務したのち独立しケイオスを設立。街づくりに尽力している。大阪中心ビジネスエリア再生プロジェクト「淀屋橋WEST」、東京丸の内東京ビル・商業ゾーン「トキア」、大阪梅田商業施設「イーマ」、近代建築活性化「ダイビル・クリエイティブ・スクエア」 「銀座並木通り「ウォルフォードビル」及びそのリニューアル、奈良吉野葛テーマ館「天極堂本店」などのプロデュース、神戸居留地地区集合住宅の企画、神戸市再開発地区における街づくりの企画及び住宅分譲計画などを行った。大阪市都市再生アドバイザーなども務めた人物。

コンセプトとは、一言で言うと「捨てること」です。あれもこれもと抱え込んだら、コンセプトになりません。いかに削ぎ落とすかが勝負です。


街づくりの基本は、まずその地域、場所、施設のポジショニングをきっちりつかみます。ポジショニングが決まったら、何に焦点をあてるか、その方向性を与えるのがコンセプトです。それが決まったら、あとはしゃにむに全力を尽くしてやるだけです。


生活者の視点を大切にして、暮らす人のための場と街を、ハードとソフトも合わせてつくりたい。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ