澤村諭の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

澤村諭のプロフィール

澤村諭、さわむら・さとし。日本の経営者。電子部品メーカー「ローム」社長。京都出身。立命館大学理工学部卒業後、東洋電具製作所(のちのローム)に入社。代表取締役営業統括本部長、西日本営業本部長、常務取締役、代表取締役専務などを経て社長に就任。

構造改革と、市場戦略を変えて再成長を目指す改革には、同時に取り組む必要がある。


開発本部から顧客の要望を聞いて、製品のコンセプトを決める部隊を独立させた。ここが先行し、技術開発はそれに応じていくようにすることで、市場に合わせる体制を作ったわけだ。


顧客から求められるものが大きく変わってきている。いま必要とされるのは、自社の技術から発想した製品開発ではなく、顧客のニーズとその変化を第一に考えて製品開発と生産を変えていく「マーケティング改革」だ。


新しいニーズを掘り起こすうえでは、大学との連携も必要だと考えています。企業の場合は、ビジネスとして成立させることが前提になるため、思い切った取り組みを始めるといっても限界があります。新しい技術が豊富にあり、将来を見据えた研究をされている大学と協力すれば、それぞれ技術を生かしながら、新しいニーズを効率よく掘り起こせるのではないでしょうか。


IoTに関連するビジネスを展開するうえで難しいのは、かつてのように複数の企業で市場を分かち合えるような大きな需要をもたらす単一のニーズがなかなか見当たらないことです。市場に潜在する多種多様なニーズをひとつひとつ拾い上げて、それに対応するソリューションを迅速に提供しなければなりません。


大きな可能性を秘めた技術を数多く展開していますが、その技術を生かせるニーズをすべて把握しているわけではありません。むしろ私たちが知らないニーズが、社会の至るところにあるのではないかと思っています。そこで、これまでかかわりが少なかった異分野や他の業界の皆さんと交流する機会を増やすつもりです。それによって私たちの技術の応用を広げ、社会の発展に一段と貢献したいと思っています。


社会を意識した取り組みは、東日本大震災や、その後の電力危機などを契機に一段と強く意識するようになりました。社員一人ひとりが、社会に対する使命感を持ってものづくりに取り組むステージにきていると強く感じています。


ロームの「企業目的」や「営業基本方針」には、社会に貢献することが明示されています。これに基づき、ものを消費するエネルギーの省エネだけでなく、ものをつくるエネルギーの省エネ・省材料を心掛けて製品を開発してきました。


最近では、社会における価値と企業から見た価値を両立させながら、事業活動を通じて社会が抱える課題を解決することを目指すCSVという理念を重視する機運が企業の間で高まっています。ロームも、社会とのかかわりを常に意識しながら事業を進めています。


近年、人類のサステナビリティにかかわる地球規模の社会問題が相次いで浮上してきました。その多くは、従来の考え方や過去の技術の延長では簡単に解決することはできません。こうした状況の中で、企業が果たすべき役割も変わるべきだと思っています。半導体・電子部品メーカーのロームは、「省エネルギー」や「小型化」の技術を追求しながら、様々な形で社会に貢献するつもりです。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ