潮田健次郎の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

潮田健次郎のプロフィール

潮田健次郎、うしおだ・けんじろう。日本の経営者。アルミ建具大手「トーヨーサッシ」創業者。

経営者には喜びがある一方で、一度失敗したら奈落の底だ。


会社の業績が上がれば営業トップもそこで働く人間も自然に風格がてくる。不思議なことだがこれは事実だ。仕事が人を作るんです。


企業家は会社の使命を確立しなければなりません。自分はどのようにして富を生み出すのか明確にしなければならない。ドラッカーが言っていますが、組織というものには元々共通点がない。しかし、いけばな教室でも、山岳クラブでも、会社でも、たったひとつだけ共通しているのは目的です。目的がなければ、組織が存在しない。だから企業家は組織が存在する理由を明らかにしなければならないのです。


彼は経済成長がどういうときに起こるのかを検討した。「イノベーションが起きたときに経済は成長するんだ」ということを初めて言った。その国の経済なり産業なりが成長するためには必ずイノベーションがある。新しい経営方式や新しい企業が出てきて、古い企業を破壊していく。「創造的破壊」と言っているのですが、それで経済が成長し、国が成長していく。それがなければ経済成長はありえない。


企業家とはそういう改革をする人を言うのです。自分の全責任のもとに会社を立て直し、ものすごく元気のいい会社にして行く。一般に企業家というと、創業者を含めて会社を所有している経営者を言うのですが、そうではなく、自分の全責任で仕事のイノベーションができる人。それが企業家です。


褒章の類いにはこれまで関心はなかったんですが、もらえばやはりうれしい。ですから将来、次は勲一等をもらいたいと思います


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ