満尾正の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

満尾正のプロフィール

満尾正、みつお・ただし。日本の医師、医学博士。北海道大学医学部卒業。内科研修を経て杏林大学救急医学教室講師、ハーバード大学外科代謝栄養研究室研究員、救急振興財団東京研修所主任教授などを経て満尾クリニックを開設。著書に『125歳まで元気に生きる』『実践ハッピーエイジング』ほか。

早寝早起きという言葉がありますが、人体のメカニズムに従えば、“早起き早寝”という言葉が適切でしょう。朝の太陽の光を浴びてから13~16時間が経過すると、脳内からメラトニンという誘眠ホルモンが分泌されます。つまり、眠りたいと考える時間から逆算して日光を浴びれば、快適な睡眠へのタイマーが作動するのです。


疲労を取り除くための睡眠というのは、単に何時間寝たかということだけでなく、眠りの質が大切なのです。脳は、眠っている間に成長ホルモンの分泌を促す指令を出し、疲労回復に努めています。このホルモン分泌が最も盛んになるのは、午後10時から午前2時の間。理想的には、この時間帯にぐっすり眠れていると、爽快な目覚めにつながります。


甘いものやお酒は、睡眠を阻害する要因となります。夕食はできるだけ腹八分目、それも低糖質の食事を心がけてください。


35歳を超えると、人体のホルモン分泌量は低下し、筋肉量も減っていきます。体力は衰えているのに、若い頃と同じようなライフスタイルを続けていては、せっかくの夏バテ対策も意味がありません。食事でも運動でも、現在の自分に一番必要なものを見極めることができる。真の健康人とは、そういう人のことをいうのだと思います。


夏場は、汗とともに失われていくビタミンやミネラルを、いかに補給するかが大きなポイントです。この点を意識していなければ、いくらスタミナ料理を食べても、夏バテを乗り切るためのエネルギーは生まれません。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ