湯﨑英彦(湯崎英彦)の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

湯﨑英彦(湯崎英彦)のプロフィール

湯﨑英彦(湯崎英彦)、ゆざき・ひでひこ。日本の官僚(通産)、経営者、経営コンサルタント、政治家。広島県知事、「アッカ・ネットワークス」創業者。広島県出身。東京大学法学部卒業、スタンフォード大学経営大学院でMBAを取得。通商産業省に入省。資源エネルギー庁原子力産業課課長補佐、米国ベンチャーキャピタル「イグナイト・グループ」出向などを経て退官。その後、アッカ・ネットワークス、コンサルティング会社Office Yを設立。社長退任後、広島県知事選挙に当選。

意図したわけでもないのに、留学と出向から起業までつながりました。世の中というのはご縁だなと思います。


「この人には絶対に敵わない」という人が、いっぱいいるわけです。自分には持てないような視点とか読みとか、そういうものを学べました。
【覚え書き|通産省時代を振り返っての発言】


アメリカのベンチャーキャピタルでの仕事は、よい経験になりました。まず、ベンチャーの振興とかアメリカの仕組みがどうなっているかがよく分かりました。今につながることで言えば、ワークライフバランスみたいなところの感覚も分かりましたし。いろんな面で参考になりました。


東京大学に進学したことは、唯一、母のアドバイスを聞いた事例かなと思うんです。広島に残るという選択肢もありましたが、その時に母は「広島だけではなくて、もっと広い世界を見てきたほうがいいんじゃない」と言ってくれたんです。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ