渡部卓の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

渡部卓のプロフィール

渡部卓、わたなべ・たかし。日本の産業カウンセラー。早稲田大学政治経済学部卒。モービル石油に勤務したのち、コーネル大学で人事組織論を学び、ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院でMBAを取得。その後、日本ペプシコ、AOL、シスコシステムズ、ネットエイジなどを経てライフバランスマネジメントを設立。そのほか、ビジネス心理士協会常任理事などを務めた。著書に『折れない心をつくる シンプルな習慣『折れやすい部下の叱り方 「聴く力」を伸ばすカウンセリング・スキル』『打たれ強く成長するメンタルタフネス経営』『会社のストレスに負けない本』『部下を「会社うつ」から守る本』『心がラクになるメンタフダイアリー』ほか。

部下の叱り方のコツとして、私は管理職セミナーなどで「かりてきたネコ」の原則を紹介している。
 か……感情的にならない。
 り……理由を話す。
 て……手短に。
 き……キャラクター(性格や人格)に触れない。
 た……他人と比較しない。
 ネ……根に持たない。
 コ……個別に叱る。


叱る際は傾聴を心がけて、背広を脱ぐなど無用な威圧感を与えない工夫もしたい。叱るタイミングにも注意が必要である。午前中に怒り心頭の部下の失敗も、午後には許せてしまうことがある。


人格や性格をこき下ろし、ほかの社員と比較するのは最低の叱り方と言える。


話す時の主語は「私」にして、「私はあなたのミスが残念だ」などと表現すれば反発を招きにくい。「あなたが不注意だから」など2人称から始まると、本人は余計に責められる印象を持つ。


部下を叱るときは手短に理由を話すことが大切です。相手本人の頭で理解させ、責任の追及が目的ではないと理解させることがポイントです。


パワハラ問題を起こす人たちは、リラクセーションが苦手の傾向がある。夏休みにはゆっくりと心身の養生を心がけるようにしたい。


ストレスの時代では、誰もがパワハラと誤解されるリスクもある。


パワハラ上司は一匹狼で自信家が多く、他人への共感センサーが欠落したコミュニケーションをしがちだ。


社内のパワハラ問題の予防対策としては、トップ自らが社内外に向けて、「パワハラを許さない」と公言することが重要である。ハラスメントヘの社内アンケートを取って、その結果を公開し、関連の研修会や相談窓口を設けていくことも必要だ。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ