渡邊洋一郎の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

渡邊洋一郎のプロフィール

渡邊洋一郎、わたなべ・よういちろう。日本の弁護士、企業再生家。神奈川県出身。中央大学法学部卒業。光和総合法律事務所を設立。また、山陽精機の更生管財人になり、同社の再建に尽力。著書に『社員の知恵が生きる会社づくり 山陽精機再建物語』『弁護士道に向けて』。

経営で一番大事なことはハート。自分の我欲ではなく、会社は社員の生涯の生活の場なのだという「公」の意識があるかどうか。


会社の状況が判れば、社員は改善に向けて努力してくれるもの。


会社の細かい情報をきちんと伝え、社員一人ひとりが経営者意識を持てば会社は伸びる。


社員の方々に改善すべき事項があれば、金の問題を気にせずに、積極的に出すようお願いしています。お金の問題は、経営者の問題だから、お金の心配をせずに提案するよう話しています。


社員の知恵が一番重要。私は社員の経営参加の方法として、一つは一定の方向性を確認するときには、全社員に「アンケート」により意見を求めます。もう一つは日常の業務で疑問を感ずることは、その都度、「改善提案」として提出して貰います。


社員のやる気をいかに引き出すか。そのために、私は社員に会社の状況を知って貰うため、情報の「見える化」を図り、透明性ある経営を心掛けました。その結果、社員は会社の実情を知り、私と一緒に頑張ってくれたのです。


生産の効率化とコストダウンを進め、更に世の中のいろいろな最新システムを取り入れて改革をしていけば、安い人件費を求めて海外に工場を移転しなくとも、まだまだ日本の中で世界に対抗できる。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ