渡辺淳一の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

渡辺淳一のプロフィール

渡辺淳一、わたなべ・じゅんいち。日本の小説家。北海道出身。札幌医科大学医学部卒業後、三井厚生年金病院でインターンをしたのち医師免許取得。札幌医科大学大学院医学研究科博士課程で博士号取得。札幌医科大学整形外科教室助手、講師などを務めたのち30代後半で退職。その後は作家として活動した。主な受賞に『死化粧』で新潮同人雑誌賞、『光と影』で直木賞、『遠き落日』『長崎ロシア遊女館』で吉川英治文学賞、『静寂の声 ― 乃木希典夫人の生涯』で文藝春秋読者賞、『天上紅蓮』で文藝春秋読者賞など。

一般に鈍いというと、マイナスのイメージが強いが、鈍さを馬鹿にすべきではない。鈍さも見方を変えれば才能で、それこそが誠実さや、一途さ、信念といったものを生み出す原動力となるはずである。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ