渡辺崋山の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

渡辺崋山のプロフィール

渡辺崋山、わたなべ・かざん。日本の武士、画家。江戸の麹町で三河国田原藩(のちの愛知県田原市)藩士の子として生まれる。幼少期は極貧生活を送る。家計を助けるため自らの絵を売り始める。その後、谷文晁に入門し、画家としての才能を開花させる。20代半ばには画家として名を成し、生活は安定した。また昌平坂学問所に通い、学問でも頭角を現した。藩士としては田原藩年寄役末席(家老職)となり藩政改革に携わり様々な改革を行った。天保の大飢饉時には、備蓄と対策マニュアル作成により貧しい藩内で餓死者を出さなかったことから全国で唯一幕府から表彰を受けた。また蘭学も学び、蘭学者たちのリーダー的な存在となった。蛮社の獄であらぬ罪を被らされ切腹してこの世を去った。

志、強ければ画も醜く、浅ければ画も俗なり。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ