渡辺千賀の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

渡辺千賀のプロフィール

渡辺千賀、わたなべ・ちか。日本人コンサルタント。東京出身。東京大学工学部都市工学科卒業。スタンフォード大学ビジネススクールでMBAを取得。三菱商事、マッキンゼーなどを経て渡米。「Blueshift Global Partners」社長を務め、日米企業の経営支援を行った。

とくに若い人だと、最新のモバイル機器をどう使うのかなど、いてくれるだけで開発のヒントになることが多い。たとえ短い期間でも、存籍してくれることのメリットは大きいんです。


日本が中途半端にシリコンバレーの真似をするのは意味がない。よその真似ではなくて、すでに日本にある素晴らしいものをさらに専門化して、日本流のイノベーションを起こせばいいのではないでしょうか。


私が履歴書を見て「この人は優秀だろうな」と感じるのは、学歴はそうでもないのに、グーグルやアップルなどの大企業、注目されているベンチャーなどで働いた経歴がある人ですね。それだけ周囲から能力が評価されている、ということだからです。


シリコンバレーではベンチャーで働いたり、起業した経験があったりすることも強みになります。指示がなくても自分で考えて動くことができ、目まぐるしく変わる技術革新にもついてこられるスピード感を持つ人だと評価されるんです。


企業が優秀なエンジニアを採用するためには、大きく3つのことが必要です。「将来性が感じられる魅力的な事業内容であること」、「エンジニアの専門性を活かし、さらに新しい技術を学べるような製品を開発していること」、最後に「高給与、高待遇であること」。この3つがそろっていないと、なかなか採用できないですね。


シリコンバレーには「自分の能力をどんどんアップデートしないと、世間で重宝されなくなって終わり」という空気があります。なので、働く職場を選ぶときに、常に最先端の技術や製品に触れられる仕事であることを優先するエンジニアは非常に多いですね。


私は、19世紀の産業革命に次ぐ、“ソフトウェア革命”がいま起きていると思っています。ソフトウェアによって世界中でいろんな仕事が機械に置き換えられてきている。シリコンバレーはその中核地です。ソフトウェアエンジニアは「自動化する側」で、ほかの仕事、特にサービス業やブルーカラーは「自動化される側」。自動化される側は職を失う危機にさらされる一方、自動化する側は巨万の富を手にする時代です。それがいま世界で起きていることだと思います。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ