渡辺健介の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

渡辺健介のプロフィール

渡辺健介、わたなべ・けんすけ。「デルタスタジオ」社長。イェール大学卒業。マッキンゼー・アンド・カンパニー東京オフィス、同社ニューヨークオフィスなどを経て、デルタスタジオを設立。著書に『自分の答えのつくりかた』『世界一やさしい問題解決の授業』。

より本質的な問題を発見するためには、現状を様々な対象と、様々な切り口で比較して、「差」を浮き彫りにすることが大切。


問題が大きくて複雑になるほど幅広くとらえることが大切。重要な問題を見過ごすと、後で取り返しがつかなくなる。


現状把握のステップで、まず大事なのは、問題を幅広くモレなく認識すること。


ゼロから何かを生み出すイノベーティブな思考には向いていないが、大抵の場合は比較して差を発見することで、問題の存在を認識し、解決策を立案することができるのです。


仮説思考のメリットは、問題解決のスピードを上げることです。例えば、原因を特定する際、すべての要素を検証していては時間がいくらあっても足りない。経験や知識を生かして「ここに問題がありそう」と、自分なりの答え(仮説)を持つことで、より効率的かつ高い精度で問題が解決できます。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ