清水義範の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

清水義範のプロフィール

清水義範、しみず・よしのり。日本の作家。愛知県出身。愛知教育大学教育学部国語科卒業後、10年間サラリーマン生活をしながらSFを中心とした作品を執筆。そのその後、『昭和御前試合』で一般向け小説デビュー。様々なジャンルの小説、教育エッセイ、ビジネス本など幅広い分野で執筆活動を行っている。『国語入試問題必勝法』で吉川英治文学新人賞を受賞。中日文化賞受賞。

ビジネス文書を書くときは名文より内容です。言い換えれば、「名文」よりビジネスの「名案」を目指してください。


ビジネス文書では熱意や情熱、意欲の伝わる文章を書くように心がけてください。「こいつはこの企画を本気でやりたがっているな」「あいつがどれほど真摯に取り組んでいるのか、この報告書を読めばわかるよ」などといった印象や評価を相手にどれだけ与えられるかが、ビジネス文書ではとても大切です。


ビジネス文書では、文書をなぜその人(その会社)に出すのかを明記すること。たとえば、取引先の担当者に新製品の発表会の案内状を出すとします。一方は、「ご都合がつくようでしたら、ぜひお越しください」とだけ書いてある文書。もう一方は、「○○様にご覧いただきたい新製品がございます。その製品は、貴社の業務の改善にお役に立てるものと、自信をもって申し上げることのできます。ぜひお越しください。お待ち申しあげております」と書いてある文書。どうですか。発表会へ行ってみようと思う気持ちは、後者の方がずっと強くなると思いませんか。


企画書や提案書で「本製品はわか社が社運をかけて開発いたしました」といったように、自社ないしは自分の都合を記すことはよくありません。そうしたことは相手に一切関係がないため、プラスに働くことがないからです。同様に、「お恥ずかしい話、このところ、わが社の製品の売れ行きは落ち込んでおりまして……」などの同情を誘うような自虐的な文面も、大人の社会では通用しません。おそらく逆効果でしょう。


ビジネス文書を書くうえで、名文信仰を捨てよ、といいたい。ビジネスパーソンの中にも、文章が上手い人と下手な人が確かにいるでしょう。下手な人は、馬鹿にされるんじゃないか、恥をかくんじゃないかという気持ちがとても強い。でも、そうした意識はまずさっぱりと捨て去ってください。なぜなら、ビジネス文書では、名文よりも中身が求められるからです。


ビジネス文書で相手の心を動かすためには、「私事ではありますが」を差し挟む方法も有効です。「私事ではありますが、私は高校生の時分から貴社の製品を愛用しております。弊社に入社して以降は、貴社と仕事でお付き合いさせていただくことが私のたっての希望でした」などと書いてみると、相手の心をつかめることがあります。ただし、私事で仕事と無関係のプライベートネタや自慢話は書かないように、くれぐれも注意してください。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ