清水信次の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

清水信次のプロフィール

清水信次、しみず・のぶつぐ。日本の経営者。ライフコーポレーション創業者。三重県出身。旧制大阪貿易語学校(のちの開明中学・高校)を卒業後、太平洋戦争で中国に出征。戦後は19歳で食品流通・貿易業で起業し、食品スーパーの「ライフ」を創業。同社を日本最大の食品スーパーマーケットチェーンに育て上げた。そのほか、日本スーパーマーケット協会会長、日本チェーンストア協会会長、社団法人全国スーパーマーケット協会名誉会長、日本小売業協会常任理事、国民生活産業・消費者団体連合会初代会長、財団法人国策研究会会長、中内学園流通科学大学理事なども務めた経営者。

安穏と余生を楽しむつもりはさらさらない。まだまだやらなければならない大事なことがあるからだ。
【覚え書き|83歳のときの発言】


お金をためる方法は追っかけないこと。幸せも同じだね。追っかけなければついてくる。


自分を飾りたててはいかん。身の丈に合わないことを追求すると破綻する。世の中には適正規模ってものがある。


苦労したり悲しんだりもする。でもどう生きるかってことを突き詰めていけば、意味のあることができるのじゃないかな。


生まれた時代や境遇は、天から与えられた運命。それを嘆いても仕方ない。むしろ感謝して、身命を惜しまずに精いっぱいやるほかない。


僕が主張をするのは、公平性を欠くなど問題があるからです。僕が損をするとか得をするというのは関係ないのです。


筋が通らないことには反対してきました。自分の損得ではなかったからでしょうか、対立した人との信頼関係を築くことができました。


人と同じことをしていては治りが遅いので、リハビリも人一倍頑張ったし、社会復帰も早めた。戦争で亡くなった多くの戦友のことを思えば、何のこれしきと思うからだ。
【覚え書き|心臓の手術をしたときを振り返って】


戦争で多くの友人を亡くしたし、自分自身も死ぬ運命を何度も助かっています。85歳を過ぎて、目の前に冥途が見えてくるのに、自分の都合だけで行動することはありません。


僕は自分を偉いと錯覚したことはありません。剣道でも勉強でも自分よりできる人間がいたし、流通業界には伊藤雅俊さん、岡田卓也さん、中内功さんらがいるんだから。


僕には社内にモノを言ってくれる人がいました。社外の交友関係でも、旭化成の宮崎輝さん、小松製作所の河合良成さんといった大先輩が「一番大事なのは己を知り、足るを知り、とどまるを知ることだ」「必ずものごとには終わりがある」「お金も権力も自然に集まるのはいいが、追いかけるのは危険だよ」などと言ってくれました。


事業を軌道に乗せるまで、いろいろな人に助けてもらいました。何もない若造でしかない僕を多くの人が信頼してくれました。戦争に負けて、世の中どうなるかわからないときに、僕のような向こう見ずが飛び込んできて、いろんな話をするのが珍しかったのでしょう。僕も取り入ろうという野心もなく、天衣無縫でした。
【覚書き|19歳で戦後の焼け野原で事業を開始した当時を振り返っての発言】


闇商売で何回か警察に捕まりました。のちに、東京でパイナップルやバナナの貿易を始めたときも、警視庁や東京地検に事情聴取されました。しかし、隠し事をせず、ありのままを話したら一回も罪に問われませんでした。生きていくための闇商売は別にして、法に触れることは絶対にやりませんでした。
【覚書き|太平洋戦争終結直後の動乱期について語った言葉】


人間だって動物だからね、自然に生きることは大事だと思う。神経を研ぎ澄まして、自分で危険を察知して、エサやねぐらを探して、周囲のちょっとしたことに即座に対応する。そういうふうに生きていれば運も開けてくるよ。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ