清家篤の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

清家篤のプロフィール

清家篤、せいけ・あつし。日本の経済学者。慶應義塾長。東京出身。慶應義塾大学経済学部卒業、慶應義塾大学院商学研究科博士課程単位取得退学。慶應義塾大学商学部助手、助教授、教授、商学部長などを経て慶應義塾長に就任。そのほか、社会保障制度改革国民会議会長、社会保障制度改革推進会議議長などを務めた。

「グローバル・ニッチ・トップ」といわれるような競争力があれば、地方でも成功させることはできる。


どんなにIT化やロボット化が進んでも、人にしかできない仕事がある。


経営をする上で、トップダウンとボトムアップのどちらが重要かと言われますが、私は両方とも大事であり、そのバランスこそ肝要。


もともと持っている力をさらにバージョンアップし、磨きをかけていくことが大切で、間違っても今まで日本の企業が持っていた美質を捨て去るようなことはしてはならない。


人間力とは、自分の頭でものを考える力でもあります。今日のような大きな構造変化の時代、新しい状況を自分の頭で理解し、その理解に基づいて問題を解決できること。借り物の考えではなく、自分の頭でものを考えることができる力です。


人々に対する、あるいはマーケットに対する洞察力を身に付けるためには、一般教養、リベラルアーツ教育が重要です。内外の歴史をよく学んでいる、あるいは異文化をよく理解できる。そういったことがとても大切になります。


創造性のある仕事をするためには、やはり学問をしておかなければなりません。学問というのは、まさにクリエイティブな仕事です。今まで答えのなかった問題に答えを見つけることが学問なわけですからね。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ