淡輪敬三の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

淡輪敬三のプロフィール

淡輪敬三、たんなわ・けいぞう。日本のコンサルタント。ワトソンワイアット日本法人社長。東京出身。東京大学工学部航空学科(宇宙工学専修)卒業、東京大学工学系大学院修士課程修了後、NKKに入社。その後、米国スタンフォード大学で修士課程修了。マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社し、コンサルタントとして活躍。マッキンゼー大阪オフィス立上げに参加。その後ワトソンワイアット日本法人社長に就任。主な著書に『ビジネスマンプロ化宣言 自分の人事は自分で握れ』など。

将来を見通すことの難しい時代、世界中の企業は人材こそが付加価値の源泉であると再認識しており、世界レベルでの人材争奪戦が起こっています。


人への深い尊敬や信頼、愛情も必要です。周囲からの期待は健全なプレッシャーとして、人をモチベート(動機づけ)するものです。


フラットな組織とディスクロージャー(情報開示)が重要です。多くの人から見られれば、問題があっても早期に修正することができます。


地球的、社会的な価値追求の志や信念、哲学が重要です。お金だけで人はモチベート(動機づけ)できませんし、持続性もありません。


世界で戦える自分の背骨ともいえる専門性を持った人。そのような人が必要なのです。


医学的なイノベーションにより、世界にさきっがけて超長寿・超高齢社会を迎える日本は、後に続く国々のモデルになりえます。


日本にとどまっているのではなく、様々な機会をとらえてじかに世界を見ることが重要です。気軽に海外に出かけるためにも、英語は重要です。たかが英語、されど英語です。


超高齢化の進行を考えると、もはや日本国内だけで人材の方程式を解くことは難しいです。今後の人材マネジメントには、世界あるいはアジアの若さをいかに活用するかという視点が不可欠です。日本企業の経営者には、いま大きな決断が求められています。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ