浜川一郎の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

浜川一郎のプロフィール

浜川一郎、はまかわ・いちろう。日本の経営者。クレジットカード会社「JCB」社長。京都府出身。京都大学経済学部卒業後、三和銀行(のちの三菱東京UFJ銀行)に入行。UFJ銀行の麹町法人営業部長、UFJホールディングス執行役員経営企画部長兼統合企画室長、三菱UFJフィナンシャルグループ執行役員、三菱東京UFJ銀行常務執行役員、三菱UFJフィナンシャルグループ専務執行役員などを経てJCB社長に就任。

2人の頭取のもとで7年間秘書をやったが、経営者のものの見方に間近で触れられたことは、大きな財産になった。


カード業界は、相対性の強い銀行と違って、マーケティングが大きな効果を持つ。銀行出身の私にとっては、新しい挑戦。やりがいを感じると同時に、とてもわくわくしている。


工場見学が好きで、取引先の現場によく足を運んだ。現場に行くと、日経薪聞に書いてあったことが知識ではなく肌で感じられるようになる。インドでは、ある食品会社の営業についていってローカルの食料品店を一軒一軒回った。インドはまだ所得が高くないため、商品を小分けにしたほうが売れる。そういった工夫でビジネスが成り立っているということは決算書を見てもわからない。


印象に残っているのは、やはり統合だ。三和と東海が統合してUFJになったときは人事の次長、UFJとMTFGが統合したときは統合企画室長だった。統合はどちらか片方に寄せるとうまくいかない。両行の政策の中から、お客様にとっていいもの、銀行にとっていいものを冷静に選ぶことが必要。直接関わった人間としていうと、その点ではとてもうまくいったと思う。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ