浅野敏雄の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

浅野敏雄のプロフィール

浅野敏雄、あさの・としお。日本の経営者、薬学博士。「旭化成」社長。富山県出身。東京大学薬学部薬学科卒業後、旭化成に入社。旭化成ライフサイエンス総合研究所長、旭化成ファーマ執行役、医薬製品戦略部長、常務執行役員、旭化成ファーマ社長、旭化成メディカル社長などを経て旭化成社長に就任。

業績が良い今だからこそ体制を大きく変え、足腰の強い組織を作り上げる必要がある。


実験科学や事実だけでは物事は前に進まない。


研究開発と経営は基本的には同じ。現状を把握して将来を見通し、次に何をやるか決める。ダメな場合は撤退する。


バックグラウンドの異なる多様な部門の担当役員や、これまで付き合いのなかった業界の人たちから話を聞くのが楽しみだ。これらをヒントに経営の変革に挑みたい。


井上靖の『孔子』を読んで啓発され、「仁」を座右の銘とするようになった。「仁」とは「人が二人」と書く。つまり人間は一人では何もできない。技術革新など事を成すには、「仁の心」で仲間と協力してやるべきだと考えるようになった。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ