津田純嗣の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

津田純嗣のプロフィール

津田純嗣、つだ・じゅんじ。日本の経営者。産業用ロボットメーカーの「安川電機」社長。福岡県出身。東京工業大学工学部機械科学科卒業後、安川電機製作所(のちの安川電機)に入社。アメリカ法人取締役副社長、安川電機モーションコントロール事業部インバータ事業担当部長、インバータ事業統括部長、取締役ロボット事業部長、常務取締役などを経て社長に就任。

新しい製品を開発する時は「これをやったらお客さんが喜ぶよね」ということを考えよう。


新製品を作る時は「世界一」か「世界初」を外すな。そこを目指すと、今までにない市場を創るような、スジの良いものができてくる。


ただ製品を売るのではなく、どう使われるかにまで思いをはせないと、次に何を作るべきか見えません。


世の中には二番煎じに徹して効率よく稼ぐ企業もありますが、それでは面白くない。


製品開発が独りよがりにならないように、世界各地に販売会社を作り、お客さんから直接フィードバックをもらうようにしています。


今ロボットの世界は、狭く深くなんです。これが横に広がる。ロボットを詳しくは知らないけれど、使ってみたい人はいると思います。そのギャップを埋めたい。


ロボットは使い込まないと、使えるモノにはなりません。使い込みの度合いがロボットの良さや、その後の発展を決めるのです。


日本は有事のことを、災害にしても軍事にしても、発想しないんです。そういうことは起こらないはずと決め込んでしまう。


北九州は長年「製造業の町」と言われていました。最近は町のアイデンティティーが少し薄れてきているように感じます。この地域で、モノ作りに燃えた集団を作りたい。小さな子供から大人まで。製造業を誇りに思い、モノ作りを楽しむムードを盛り上げたい。


会社が東京一極に集中しているのは日本だけですよ。ほかのどの国だって証券と銀行と報道以外は固まっていません。日本だけです。政府の規制が強すぎたり、お願いしなければいけないことが多かったりするのかもしれませんが。


うちは田舎の企業ですが、基本的にお客さんはグローバルで、東京にいてもしょうがない。社員にもよく言うのです。「北九州はアジアに近いぞ」と。東京と上海の間にある。


フランスには原発に関して常に、有事対応の部隊がいるんです。事故を起こさないのは大切だけど、万が一の時に対応する部隊がいる。そういう備えがなければ、有事にどうにかしようとしても無理です。


日本で産業用ロボットが発展したのは、自動車メーカーをはじめとする多くのユーザーが使い込んできたからです。有事対応のロボットは、日本でも国のプロジェクトなどで作られたことはありましたが、結局使い込んでいない。だから(東日本大震災や福島第1原子力発電所の事故で)使えませんでした。米国のようにアフガニスタンに持っていけば使いますよね。同じことはできないにしても、例えば消防署などが、いろいろな場面を想定して使い込むということを常にやっていかないと。


3K(きつい、汚い、危険)の仕事に人が携わらなくて済むようにしたいですね。人間はアイデアを出すとかエンジニアリングをするとか、そちらに集中する方がいいと思います。製造業に従事する人数は減る方向になります。でも、頭を使って製造業をエンジニアリングしながら楽しむ。「こんなふうにロボットを利用しよう」ということを考えてほしい。人間がどんな仕事をするのが一番人間らしいか、というところまで思いを馳せて「ロボットにやってもらった方がいいな」という仕事は任せた方がいい。


今まではエンジニアと呼ばれる人しかロボットは使えなかった。誰もが、というわけにいかないけれど、自動車を運転できるぐらいのレベルで「ロボットは使えます」というようなモノにしていきたい。そういうところまで持っていく必要がある。実現できれば、ロボットの販売台数はこれまでとは違う次元の広がりを見せる。


当社は海外で製品をつくっても技術流出の心配はまったくないです、それは全くない。モノでは真似できます。見た目や機構といったハードウェアはできます。主要部品のサーボモーターやギア(減速機)を買えば組み上がる。けれど、その次には「制御」の技術が要ります。さらにその先には、塗装や溶接といったアプリケーション(用途)の技術が必要です。塗料をいかに均一に塗るか、そして無駄を省くか、これが意外と難しい。ロボットがなぜそういうソフトウェアを取り入れていて、どこでどう使うのがいいのか。これには相当深い知識が要ります。ロボットは単体のモノではなく、大きな仕組みの中で成り立っているのです。


今の世の中、きつい仕事をしたいという人は少ない。若者は工場で汗水たらして働くような仕事から逃げたがっています。もともと「3K(きつい、汚い、危険)を社内からなくしたい」というのが安川電機のロボット開発の始まりです。「こんな仕事は人間がやっとるもんじゃない」というのと、品質的にも人間より速く良いものができるというのが重なって、ロボット事業は成長してきた。


当社は創業100周年を迎えました。長寿企業の秘訣はこの3つに集約されます。

  1. きちんと役に立つものを作る。
  2. それを継続して提供する。
  3. 顧客にもしっかりと企業方針を認識してもらう。

安川電機にも撤退した事業はあります。フロッピーディスクやプリンターです。モーション技術を拡大解釈し、「データを動かすこと」まで自分たちの領域だと思ってしまいました。コア技術ではなく単なるこじつけでしたから、優位性を出せなかった。


ロボットやインバーターは20年ぐらいかけて世界トップクラスのシェアを獲得しました。時には10年ぐらい赤字になってでも、根気よく続ける覚悟が必要。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ