法華津寛の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

法華津寛のプロフィール

法華津寛、ほけつ・ひろし。日本の馬術選手、経営者。東京出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、日本石油に入社。12歳のときに馬術を始め、東京オリンピックに出場。東京オリンピック後に日本石油を退社し、デューク大学大学院で経済学修士課程修了。その後、「エフ・ホフマン・ラ・ロシュ(外資系製薬会社)」「ジョンソン・エンド・ジョンソン」「オーソ・クリニカル・ダイアグノスティックス」などに勤務。オーソ・クリニカル・ダイアグノスティックスで社長まで務めあげ定年退職。定年退職後にオリンピック出場へ再挑戦し、67歳で北京オリンピック、71歳でロンドンオリンピックに出場。JRA賞馬事文化賞功労賞を受賞。

最も必要なことは「諦めないこと」。思い通りにならないことだらけですから。楽観的であることが大事。


イライラしたとき、私は口角を上げて微笑みます。すると、少し気持ちが落ち着く。とくに試合前は、そうして平常心を保ちながら臨みます。


私のモチベーションの源は、いまでも少しずつ、自分が上手くなっているなと感じられることです。


最も大切なことは、忍耐強く馬と接すること。甘やかすでもなく、理不尽に怒るでもなく。馬というパートナーは、まだ口のきけない子供と接するような思いやりの気持ちで接するのがいいと思います。気まぐれな演技をしたりミスしたりしたときは怒る。よくできたときは褒めてやる。その積み重ねで、狙い通りに馬が動いてくれれば、馬も人間もハッピー。目標に向かって二人で進歩しようと努力する関係が面白いんです。


「一体、いつまで挑戦するのか」。そう聞かれますが、答えるのは難しいですね。五輪に出場できるかどうかは、「馬との出会い」という運に左右されます。でも、「これはもうダメだ」と思う明確な理由が出てこない限りは、続けていると思います。


朝、馬に乗っている時間は、全く仕事のことは考えないんです。どんなにつらい時期でも、その間は馬とのコミュニケーションに没頭している。家に戻って朝食を取りながら、徐々に仕事モードに変わっていきます。


思うように馬が動いてくれない場合、原因を考え抜きます。馬がどんな気持ちになっているのか、苦痛が少ない調教方法は何なのか……。そうすると、馬の問題は50%ぐらいで、半分は私に原因がある。例えば、私は右利きですが、馬の向きを変えようとしたときに、どうしても馬の背中にかける体重が左右で違ってしまう。それに気づき、日常生活で左手を使い、筋トレも取り入れて矯正しました。


「経営トップをやりながら、朝5時起きで馬の調教をして大変でしたね」と言われますが、私にしてみれば楽しくて仕方がない。だから、続いたのでしょう。


馬術がメジャーなスポーツでなかったことで、「自分で考えて、乗り越える」習慣がつきました。野球やサッカーのような専門のトレーナーはいないので自分で考えるしかない。だから面白い。


計画は練りますが、計画そのものにはこだわりません。経過を見ながら、予定通り進まなかったり、あるいは予定よりも早く上達した場合には、その都度、計画や目標を修正します。


若い頃、指示を聞かない原因はすべて馬にあると思い込み、馬ばかりを責めていました。指示通りに動いてくれないと、「この馬を自分の思うように動かそう」という意識が働き、力ずくで何とかしようとするんです。でも、うまくいかない原因を客観的に考え、検証しながら突き詰めていくと、その原因は自分にもあるのではないかと思えてきました。「うまくいかないのは、決して馬のせいだけではない」と考え、自分自身の課題を見つければ、力任せに調教しなくても、人間も馬も楽しくトレーニングができるようになる。それに気づくまでに20年ほどかかりました。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ