河田重の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

河田重のプロフィール

河田重、かわだ・しげ。日本の経営者。日本鋼管(のちのJFEエンジニアリング)社長・会長。東京大学卒業後、太陽生命を経て日本鋼管に入社。理事、日本鋼管の満州子会社である日満鋼管常務、日本鋼管総務部長、監査役、取締役、常務などを経て社長に就任。日経連、経団連常任理事。産業合理化委員会鉄鋼部会長なども歴任。戦後の鉄鋼業界の復興に尽くした経営者。

人間というものは、いつ、どういう仕事にぶつかるかもしれないものである。そのときに、その仕事を責任をもってやれるだけの準備を平生しておくのは大事な心がけだと考える。それが、いわゆる勉強であり修養である。


私は自分たちの経験した苦労を、大変貴重な経験だと思っている。しかし、最近は私たちのような苦難の味を知っている人がだんだん少なくなった。喜ぶべきか、悲しむべきかと、私はときどき迷うことがある。


白石(元治郎)さんの主義は「ロングラン」ということだった。あくせくするな、ロングランで行け!と、よく言われた。人生行路を走るには長距離選手でなければならぬ。そのためには、まず体を大事にしろ。長生きした者が最後の勝利を得る。というのが白石さんの持論であったが、この白石説には、私は大いに教えられた。
【覚書き|白石元治郎は日本鋼管社長。また、セメント王浅野総一郎の娘婿で日本の民間製鉄業を発足させ発展させた人物】


先輩といえば、昔の人は親切であった。私は太陽生命でも、日本鋼管に入ってからも、先輩には実によくしてもらい、とくに仕事については手を取るように教えてもらった。ところが、いまの部課長たちは、新人が入ってきてもろくに教えようとしない。放っておいたんでは伸びるものも伸びない。昔の部課長クラスは後進を教え導くということが、会社の重要な仕事のひとつだと考えていた。この点だけは昔に返ってもらいたいものだと思う。
【覚書き|昔とは太平洋戦争前のこと】


人間の価値なんてものは、学校の成績だけでわかるものではない。本当の勉強はむしろ学校を出てからだ。考えてもみたまえ。学校時代の秀才がそのまま世の中に通るとしたら、官界にもっと優れた人物が出ていいはずではないか。政界にしてもそうだ。そのむかし秀才と言われた人間でどうやらものになったのは、俺の知る限り岸信介さんぐらいのもので、吉田茂さんにしろ、林譲治さんや益谷秀次さんにしても、みんな学校の方はパッとしない組だった。もちろん、財界もその例外ではない。君たちも将来に希望をもって、これからうんと勉強することだよ。
【覚書き|旧制高校時代の友人の息子である新入社員に「社長は高校でビリだったと親父に聞きました」と言われたときの返答】


独房で呻吟したり、満州や北支のドサまわりをやったりしているうちに、私は本社の重役になる時期が遅れてしまった。ところが、人生のことは、何がどうなるかわからない。ちょうど私より上の人たちが、いっぺんにパージ(公職追放)にひっかかった。そのとき私は常務で鶴見造船所の所長をしていたが、あのときはみんな大いに慌てたものだ。結局、私が社長になることになった。
【覚書き|太平洋戦争終結直後を振り返っての発言】


人生というものは、宇宙の変化から見れば、まことに水の流れに浮かぶうたかたのごとく、儚く小さいものである。だから、人は互いにああじゃない、こうじゃないと些末にこだわったりしないで、自分のペースで最高の努力をしていくのが一番いいのではないか。


(太平洋戦争後の)会社の復興は、当初我々が考えていたよりも早かった。機械や設備の近代化も進み、いまでは欧米の製鉄所と比べても見劣りがしなくなった。しかし、過去に苦労の限りをなめつくしている私たちは、利益はなるべく社内留保へという方針でやってきている。


どんな場所でどんな仕事を与えられても、視野を広くして勉強さえしていれば、いかなる仕事も、そのもととなる芯は同じものだと思う。もちろん、私がすべてをその通り実行してきたと思わないが、過去にいろいろ苦労してきて、初めてこういうことがわかり、いまはそれが自分の信念になっているといっても差し支えないところである。


私が日ごろ考えているのは、人生というものは悠久な天地の流れから見れば、ほんのわずかな、まばたきするほどの時間にすぎないということである。その短い歳月をとらえて、貧乏だとか金ができたとか、保守だと革新だとか、あくせくするのは実につまらないことだと思う。かといって、人類のため、国家のため、社会のためを考えずに投げやりでよいという意味ではもちろんない。その努力は必要だ。


新入社員に対して、私はいつも和魂漢才ということを言っている。「海外の知識は大いに吸収するがいい。ただし、それはあくまで日本人としての魂で消化しなければならない」というのが、すなわちこの和魂漢才を力説する私の主張の骨子なのである。生活の様式や形式がどう変わっても、我々はロシア人でも中国人でもアメリカ人でもなく、所詮日本人であるということを忘れてはならない。我々は日本人だ。素晴らしいではないか。日本人であるという誇りを、忘れないようにしようではないか。


近頃の世相を見ると寒心にたえない。自分が生まれ、そして育った肝心の日本の良さや美しさをロクに知ろうともせず、いたずらに西欧の流行だけを追っかけているようだ。間違った話である。


私はよく、日本趣味に徹していると言われるが、それはまたいたしかたない。誰が何と言おうが、私は徹底した日本趣味に生きている。私は常に日本を愛し、日本人であるということに、大きな誇りを持っている。気候といい、たべものといい、こんないい国がほかにあるだろうか。私はいつもそう思っている。なによりもいいことは、日本人が素直で正直だということだ。こんなにいい民族が世界のどこにあるだろうか。


人間というものは、いつ、どういう仕事にぶつかるかもしれないものである。そのときに、その仕事を責任を持ってやれるだけの準備を平生しておくのは大事な心がけだと考える。それがいわゆる勉強であり修養である。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ