河村泰貴の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

河村泰貴のプロフィール

河村泰貴、かわむら・やすたか。日本の経営者。牛丼の吉野家などを展開する「吉野家ホールディングス」社長。大阪出身。吉野家ディー・アンド・シー(のちの吉野家HD)に入社。セゾン総合研究所出向、はなまる取締役事業本部副本部長、執行役員経営企画室長などを経て社長に就任。

仕組みをゼロベースで見直さなければならない。根本から変えない限り、成長どころか現状維持さえ困難だ。


値下げに対する消費者の反応も薄れ、「安ければいい」という時代は終わった。我々は多様な付加価値を生み出すことを求められている。


今後、新たな運営手法の開発などあらゆる実験をする。しかし、これだというものを確立するには3年はかかるだろう。


有望な業態を持つ企業には、少額でもいいので積極的に出資したい。チェーン展開を生業にしてきた我々は、ゼロから生むことは苦手かもしれない。だが既にある成功の芽を一気に花開かせられる強みはある。


飲食業で付加価値と言えば従来、産地にこだわるなど、食材のグレードを上げることばかりに意識が向きがちだった。だが今は店舗で心地よく過ごしてもらうなどの「体験」を総合して、付加価値として提供する必要がある。レストラン業はこれからも我々の主力事業だが、より広い意味で「飲食業」を再定義する必要があると考えている。


コンビニエンスストアを小売りではなく飲食業としてとらえると、業界上位は彼らに占められてしまう。朝の通勤途中で昼ご飯を買われてしまったら、我々は手出しができない。いかに客に近づくかは重要な課題だ。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ