河岸宏和の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

河岸宏和のプロフィール

河岸宏和、かわぎし・ひろかず。「食品安全教育研究所」代表。帯広畜産大学卒業後、大手ハムメーカー、大手卵メーカー、大手流通チェーンなどを経て「食品安全教育研究所」代表に就任。著書に『食の安全はどこまで信用できるのか 現場から見た品質管理の真実』『激安食品が30年後の日本を滅ぼす!』『「外食の裏側」を見抜くプロの全スキル、教えます。』。

成長を感じられない職場に人は残らない。


技術とは、時間とコストをかけて受け継いでいくもの。今後、人材を使い潰す利益至上主義のチェーン店は衰退の一途でしょう。反対に、地域密着で地道に営業している個人店のほうが信頼できる。ただ、個人店は二極化が激しく、ハズレを引くととんでもない店があるので、利用者の目利きが試されるでしょうね。


今は職人が焼いているチェーン店なんてほとんどありません。火が通った状態でパックされたものを湯煎するだけ。企業にとっては「食の感動」よりも「いくら儲けるか」が重要なのです。つまり、鮭を上手に焼ける人よりも、安い給料で真空パックを茹でてくれる人こそが求められる。それが今の外食産業の本質なんです。大根の桂剥きを教えてもらい、苦労してできるようになった。この実感の積み重ねが「職人=プロ」をつくり上げていくのです。真空パックを茹でる作業をいくら繰り返したところで、手応えも成長もなければ、続けるモチベーションも湧かず、適当な仕事になるのは仕方がないことです。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ