沢庵宗彭(沢庵和尚)の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

沢庵宗彭(沢庵和尚)のプロフィール

沢庵宗彭、たくあん・そうほう。江戸時代の臨済宗の名僧。書画・詩文に通じ、茶道にも親しんだ文化人。沢庵漬けの考案者と言われている人物。禅と武道を結びつけた人物。柳生新陰流の柳生宗矩に大きな影響を与えた人物。

人の真実は何にて知りぬべき。涙の外あるべからず。


人の良し悪しを知らんと思わば、その愛し用いられている臣下、または親しみ交わる友達をもって知れ。


一事を成さんとしたら、本心一途にしたほうがよい。何ごとも血気に迷い、怖じればしそこなう。怖ずるは平常のこと、試合の場で怖じ気は許されぬ。溝を飛ぶときは、ずんと飛べ。危うしと思えば落ち込むぞ。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ