池澤守の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

池澤守のプロフィール

池澤守、いけざわ・まもる。日本のテーマパークプロデューサー。1979年ナムコに入社。同社で新規分野の企画業務・事業開発業務およびパークビジネスの事業化を担当。『ナムコ・ワンダーエッグ』『ナムコ・ナンジャタウン』『横濱カレーミュージアム』『ラーメンスタジアム』『自由が丘スイーツフォレスト』などのテーマパークを成功に導いた。日本でのフードテーマパーク・プロデュースの第一人者。

判断する側は、必ずその企画を実行することによるリスクを指摘してくるので、リスクについて理論武装しておけば予算を獲得できます。


この事業は間違いなく成長していくという予兆や萌芽を周囲に感じさせれば、予算も徐々に増えてきます。
【覚書き|池澤氏のフードテーマパークをつくる企画が否決されたとき、規模を縮小し小スペース低予算のミニイベントを開催させてほしいと頼み込み実現にこぎつける。そのイベントが成功し、フードテーマパークへと発展させることができた。そのときのことを振り返っての発言】


何かを決断すると、そこには責任が生じるものです。担当者は、それを持ち帰って上司から「これはなんだよ」と言われるかもしれないという不安から、提案を否定している可能性があります。そう察知したら、交渉相手への手土産としてこの決定にどんな利点があるのかを上司に説明しやすいように解説するとYESが取り付けやすくなるのです。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ