江草康二の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

江草康二のプロフィール

江草康二、えぐさ・こうじ。日本の経営者。「テー・オー・ダブリュー」社長。東京都出身。立教大学経済学部卒業後、電通、オグルヴィ・アンド・メイザー・ジャパン取締役マネージング・ディレクターなどを経てテー・オー・ダブリューに入社。取締役兼執行役員社長室長などを経て社長に就任。

当社が大事にしている言葉は、「僅差は大差」です。「一つ一つの差は小さくとも、積み重なればそれは大きな差となってくる」ということです。


大小を問わず、仕事を大きなミスなくやり遂げることは、実績になり、信用につながります。


他社がやらないことを、例え小さなことでも地道に積み重ねていく。


各営業マンがコンペの勝率にもこだわりながら、それぞれの目標を達成することで競争力を維持しています。


常にお客さまが少しでも喜んでくれるような、そんな差を生み出していく。他社がやらないことを少しずつ積み上げていくようにしています。


もともと、イベント専門の会社だったのが、セールスプロモーションまで手掛けるようになったのは、顧客の要望に応えたからです。顧客は単にイベントがやりたいのではなく、プロモーションの一環としてイベントを依頼しています。今ならば、デジタルを生かした企画、さらにはインタラクティブなプロモーション企画まで、当社は提案して実行しています。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ