江良俊郎の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

江良俊郎のプロフィール

江良俊郎、えら・としろう。日本の経営者。エイレックス社長。大分県出身。神奈川大学法学部卒業後、ユナイト・パブリック・コーポレーションズ、プラップジャパンを経て、エイレックスを創業。同社は企業の危機的状況でのメディア対策に関するコンサルティング会社。

個人的な危機管理の観点からいえば、ヤバい噂のような自分のマイナス情報を耳に入れてくれる信頼できるチャンネルを常に持っておくことが大切です。


噂が社内に広まっていることをつかんだ段階で、会社サイドはその真偽の調査に必ず入ります。もし、事前に自分に関する放置できない噂が流れていることに気がついたら、信頼できる上司などにすぐ相談することが大切です。でないと、一方的な人事評価ダウンや左遷・降格などの冤罪を被ることもあります。


コミュニケーションがうまく取れていない風通しの悪い組織ほど、不満がたまって危機に陥りやすくなります。その不満と表裏一体の関係にあるのが、社内のヤバい噂なのではないでしょうか。たとえば、総合職、一般職、派遣社員など同じ職場にいくつもの階層がある組織だと、仕事の内容や処遇で不満が鬱積していることが多く、社内の不祥事などの噂が広まりやすいようです。


そもそも人は、自分の関心のない領域のことで噂など立てないものです。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ