江口洋介の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

江口洋介のプロフィール

江口洋介、えぐち・ようすけ。日本の俳優、歌手。東京出身。映画、テレビドラマなどで活躍。主な出演作品に『東京ラブストーリー』『愛という名のもとに』『ひとつ屋根の下』『救命病棟24時』『白い巨塔』『湘南爆走族』。

答えはひとつに限らないけれど、今という時代を反映させてこそ、いい作品になっていく。


仕事を選り好みして好きなことばかりやるのではなく、あえてそれまで避けていたものや新しいものに挑戦してみる。その積み重ねで、人は成長していく。


役者としてこだわっているのは、自分の限界を自分で決めないこと。


役者って、自分のやりたい役柄をやっているだけだと、いつか限界が来ると思うんですよ。僕はもともと、アウトローな役柄が好きで、ネクタイを締める役なんて自分には絶対に似合わないと思っていました。でも、ある程度の年齢になるとそういう役柄のオファーをいただくようになり、勇気を出して挑戦してみたら、演技の幅が広がって役者として一回り大きくなれた。


これからはカリスマ的な経営者が一人で君臨する時代ではないという気がします。それよりも、腹を割って話せる仲間が周りにいて、自分と違う意見が出ても、それを面白がって吸収できるリーダーがいる会社が強いと思います。元気な企業にはそうした会社が多い気がします。


僕が仕事で強く意識しているのは「時代性」です。映画やドラマは歌謡曲と同じで、その時代だから生まれるものが必ずあります。それをどうやって表現するかが、役者としてのこだわりのひとつ。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ