永田昌久の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

永田昌久のプロフィール

永田昌久、ながた・まさひさ。日本の経営者。「日本製鋼所」社長・会長。慶應義塾大学工学部機械工学科卒業後、日本製鋼所に入社。機械事業本部射出機事業部射出機輸出部長、理事、横浜製作所長、取締役、横浜製作所長、広島製作所長、常務、専務などを経て社長に就任。

会社には毎日、現金が出たり入ったりして経営が成り立っている。貸借対照表やキャッシュフローの管理には絶えず経営トップが目を光らせていなければ。


現在、売上高の約半分が海外ですが、品質や技術を磨き、地域に貢献する国内工場と、それをグローバルに展開することが不可欠。


西ドイツに赴任したとき、顧客から「長時間使うと透明フィルムが黒くなる」とクレームがきました。調べてみると、フィルムを透明にする安定剤の成分が日本と西ドイツでは違うことが分かりました。西ドイツの樹脂を使えば、時間の経過とともにフィルムが黒ずむ。日本の常識しか知らなかった私は、自分が井の中の蛙であることを思い知りました。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ