水野博之の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

水野博之のプロフィール

水野博之、みずの・ひろゆき。日本の技術者。広島出身。京都大学理学部物理学科卒業後、松下電器産業(のちのパナソニック)に入社。松下電子工業取締役、松下電器取締役、副社長として技術分野の最高責任者を務めたのち退職。その後、大阪電気通信大学副理事長、広島県産業科学技術研究所所長、高知工科大学名誉教授などを務めた。

イノベーションというのは、シュンペーターが生んだ最大のコンセプトで、その本質はドイツ語で「ノイエ・コンビナチオーネン」、英語ならニュー・コンビネーション(新しき結合)です。ない物ねだりではなく、新しき結合がイノベーションの本質であって、それを「ドュルヒゼッツェン」する、つまり「断固としてやり通す」のです。ノイエ・コンビナチオーネンとドュルヒゼッツェン、この二つが生かされて初めてイノベーションができあがるわけです。


松下幸之助さんの社外のネットワークは凄いものがあった。幸之助さんと話をすると、じっくり聞いていただくだけで相手は嬉しくなって、見事なヒューマン・ネットワークができあがるわけです。自分は勉強しなくても百科事典が後ろにいるようなものです。


少なくとも私は、松下幸之助さんがあぐらをかいたり、足を組んで座ったりしたのを見たことがありません。腕を組んだ姿も見たことがない。人の話を聞くときは、何時間でも、どんな若僧の話でも、一時間でも二時間でも、ひざの上に手を当ててうなずいて聞いてくれました。これだけでみんなファンになるのです。人の話を聞く幸之助さんの姿はまことにすさまじいものでした。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ