水上勉の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

水上勉のプロフィール

水上勉、みなかみ(みずかみ)・つとむ。日本の小説家。主な受賞作に『海の牙』(日本探偵作家クラブ賞)、『雁の寺』(直木賞)、『城』(文藝春秋読者賞)、『一休』(谷崎潤一郎賞)、『北国の女の物語』(吉川英治文学賞)、『寺泊』(川端康成文学賞)など。

美しい女とは、貧富に関わらず、己を無にして生きている女性のことをいう。私はそのように解釈している。己を無にするといったのは、つまり頭の中をいつも空っぽにして、世間というものの恐ろしさ、美しさ、さびしさを、身に染ませつつ生きるということでもある。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ