武藤正幸の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

武藤正幸のプロフィール

武藤正幸、むとう・まさゆき。「我武者羅應援團」総監督。兄・貴宏が設立した我武者羅應援團の立ち上げに参加。以降、応援の執筆、構成、演出、音楽、書籍の執筆などクリエイティブ全般を担当。熱い応援活動を行った。

「おれたちは社会を変えられる」「世界を熱くできる」なんて、究極の勘違いでしょう。でも、そう信じていない人には決して変えられない。変えられると思う人だけが変えられるんです。


兄(我武者羅應援團團長)を見ていると、「好きだからこその思いの深さ」「揺るぎない強さ」を感じます。一方僕のように、もともと好きじゃなくても、本気でやっていたら好きになれる。どっちがいいとか悪いとかじゃなくて、両方ありなんですよね。


メンバーの中で、志願でなくやっているのは僕ぐらいです。でも今になってみると、それが逆によかったのかもしれないと思っています。そんな人間でも7年間本気でやっていれば好きになれることが分かったからです。


僕らはどんな役職を名乗ってもいいことにしています。僕は今「総監督」です。監督もいないのに(笑)。たった一人の新人も「新人隊長」。でも「隊長」という肩書を背負ったら、自分は新人を代表しているという気になるじゃないですか。責任や役割意識を自覚するのに役に立つと思うので、あえて肩書は立派なのをみずから名乗っています。


僕らがやっていることは、バカとしか言いようがありません。いい年をした大人が、学ラン着て、頭をテカテカのオールバックにして、大声を張り上げて……。でも、大の大人がこんなことを懸命にやっているのを見て、笑って、「ああ、こんな生き方もありなんだ」と思い、「自分にもまだまだ可能性がある」という気持ちになってもらえたら、それが応援になるんじゃないですかね。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ