武藤敏郎の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

武藤敏郎のプロフィール

武藤敏郎、むとう・としろう。日本の財務官僚、経済学者。埼玉県出身。埼玉県出身。東京大学法学部在学中に国家公務員試験上級職甲種(法律職)試験と司法試験に合格。卒業後、大蔵省(のちの財務省)に入省。関税局企画課係長、彦根税務署長、銀行局特別金融課課長補佐、銀行局総務課課長補佐、在米国日本国大使館二等書記官・一等書記官、主計局主計官補佐、石川県商工労働部長、石川県総務部長、主計局主計官、銀行局中小金融課長、大臣官房秘書課長、主計局次長、大臣官房長、大臣官房総務審議官、主計局長、大蔵事務次官などを歴任したのち退官。そのほか日本銀行副総裁、大和総研理事長、開成学園理事長・学園長、東京五輪・パラリンピック組織委員会事務総長などを務めた。

上司からの指示をただ単に下に降ろすだけでは物事は実現しません。現実を見定め、できることと、できないことをきちんと分別することの難しさを思い知らされた。


リーダーたる者、「困難の度合いを見極める賢さ」を持っていなくてはならない。何を変え、何を変えないのか。何を優先し、何を劣後させるのか。分別する賢さというものです。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ