武田邦彦の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

武田邦彦のプロフィール

武田邦彦、たけだ・くにひこ。日本の工学者。東京出身。東京大学教養学部基礎科学科卒業後、旭化成工業(のちの旭化成)に入社。旭化成工業ウラン濃縮研究所長。工学博士号を取得(東京大学)。芝浦工業大学工学部教授、評議員、学長事務代理、大学改革本部長代理、教務委員長。名古屋大学大学院教授。中部大学総合工学研究所教授、副所長などを務めた。受賞に日本原子力学会特賞、日本工学教育協会工学教育賞、日本工学教育協会論文・論説賞ほか。そのほか、政府の各種委員会専門委員を歴任した。

たとえ結果が予測できなくとも、自分が意義ある仕事だと信じるものに覚悟を決めて取り組むこと。予測がつかないいまのような時代にこそ、そうした姿勢が必要だと思います。


成功するかどうかわからない、たとえ成功しても、儲かるかどうかはまた別の問題……、研究にはそんなギャンブルのような面があります。しかしそれでも挑戦しなければ、進歩は生まれないのも事実です。きっとそれは、一般の会社員の方の仕事でも同じではないでしょうか。


旭化成時代、年に150回は飛行機に乗って世界中を飛び回りました。土日も祝日もありません。オリンピック選手と同じで、目標を達成するには全力を注ぐしかないのです。激務で体を壊すこともありました。


私は「いかがわしいことの中に真実がある」という言葉が好きなのですが、他人が避けるものの中にこそ真にやりがいのあるテーマが潜んでいます。


研究というのは、いまできないことを可能にするためのものなのですから、現在の技術で困難であることはやめる理由になりません。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ