正岡子規の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

正岡子規のプロフィール

正岡子規、まさおか・しき。日本の俳人、歌人、国語学研究家。近代文学に大きな影響を与えた明治時代を代表する文学者のひとり。愛媛県出身。東京帝国大学国文科を中退し、新聞『日本』の記者になる。記者生活の傍ら俳人として活躍。日清戦争に従軍記者として参加するも上陸2日で終結。帰国後は俳句雑誌『ホトトギス』を創刊し、俳句の世界に大きく貢献した。

禅の悟りとは、いつでも、どこでも死ぬる覚悟ができることだと思っていたが、よく考えてみると、それは大変な誤りで、いかなる場合でも、平気で生きることであることがわかった。


病気の境遇に処しては、病気を楽しむということにならなければ、生きていても何の面白味もない。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ