櫻井弘の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

櫻井弘のプロフィール

櫻井弘、さくらい・ひろし。日本のビジネストレーナー(コミュニケーション)。東京出身。C.N.S話し方研究所講師、事業開発局営業部長、所長、顧問などを務めた。著書に『仕事ができる人は、なぜこの話し方をするのか?』『会話が弾むのは、どっち!? 今すぐ身につく、使えるテクニック』『出世の99%は挨拶力で決まる』。

頼みごとを聞いてもらうためには、ロジカルな側面と、相手の心情に寄り添う感情的な側面との両方を意識しつつ、相手の性格やそのときの状況に合わせて、柔軟に対応することだ。


知らず知らずのうちに相手からはわかりづらい伝え方をしていないか、注意しましょう。その意識を持てば、頼みごとをする際に見せる文書を相手のほうに向けるなどの工夫が自然とできるようになります。


時にはこちらの話の腰を折って自分の話を始める相手や、こちらが関心のない話題を延々と続ける相手もいるでしょう。これを嫌がらず、チャンスと捉えること。それこそが、その人の趣味や価値観、人となりを知る機会となるからです。


伝える力を磨くなら、同時に「聞く力」を鍛えることが不可欠。相手は話を聞いてもらうことによって気持ちよく会話ができ、こちらに信頼と好感を抱くでしょう。こちらも、相手が好んで話す話題から、相手の嗜好や考え方を知ることができます。同時に、相手の言葉や表情、身振り手振りなどをじっくり観察し、「この人は何を考えながら話しているのだろう」と推測する習慣を持てればベストです。


周囲の人びとの得意分野や関心事、価値観などを、日々の会話の中で知っておくことで、いざというときに誰に何を頼めば良いか、どんなふうに頼めば良いかが見えてきます。その相手と親しい関係が築けていれば、頼みごとにYESと答えてもらえる可能性が大いに広がるでしょう。


頼み事をしたとき誰からも快諾してもらえる人と、毎回断られている人の違いは「相手基軸の視点を持っているか否か」です。つまりは相手の立場に立った話し方ができているかどうか。


他人とコミュニケーションを図るうえでまず必要なのは、「他人は自分とは違う」という認識です。世の中にはいろいろな人がいて、その各々が違った感性や価値観を持っている。さらに言えば、同じ相手であっても、状況やタイミングによって物事の受け取り方が変わります。そのことを知っておかなくてはなりません。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ