橘俊夫の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

橘俊夫のプロフィール

橘俊夫、たちばな・としお。日本の経営者。「東邦レオ」社長。愛媛県出身。甲南大学法学部卒業。大学在学中に世界一周旅行に出る。卒業後、大手旅行代理店を経て東邦パーライト(のちの東邦レオ)に入社。総務部長などを経て社長に就任。

いつの時代も変わらないのは、将来どういう時代になるだろうか、その時求められることは何なんだろうということを読み取る力、先見性が大変重要。


散歩していて気づいたら富士山の頂上にいたということなんてない。富士山に登ろうと思うから富士山の頂上にたどり着く。


人というのは知らず知らず言葉にものすごく影響を受けている。


自分の発想を変えるためには付き合う相手を変えなければ。


利益は出るものじゃなくて、出そうと思うから出る。締めたら(決算したら)利益が出ていた、儲かっていたというものではない。


人と同じことをやらないからこそ、ある程度成功できた。


弱者の戦略で一番大事なことは「これはやらない」ということを決めておくこと。何でもかんでもやろうとしたら資金も何もかもすぐに終わってしまう。


トップというものがどういう発想をするかによって全てが変わる。


会社というのは潰れるということが一番の罪悪ですから、本当の意味での成長と膨張とは違うのではないでしょうか。


会社選びで大事なのは経営理念。これは変えられない。これが合わなかったら、入ってから困る。


過去は一所懸命やってたら何とかなりましたよ。ところが、これからの時代の複雑系の中では経営者というのは経営技術を持っていないとダメ。


時代はどんどん変化していくわけですから、変化の先にあるものに対して、独自性を持った新しい商品・サービスを作り続けるということを忘れてはならない。


我々が何をいくら提供しても、そこで止まってしまうようなお金であるならば初めから出さないほうが良い。それによって結果何が生まれたのかということを誇る財団にしなければならない。


自分たちで何かをやったら競争になってしまうんですよね。我々は自分たちでやらないということは決めているんです。そうじゃないと情報が入って来なくなります。我々が主体的に何かをするのではなく、バックアップをする。


世の中のある程度の経営者がなぜ自分の立場にしがみつくのかと言えば、平たく言えば「辞めたらすることがないから」だと思うのですよ。何かすることがあれば、経営なんてとっとと辞めたいと思っている人はいると思いますが、他にすることがなかったら辞められないですよ。辞めたら何もすることがないわけですからね。


会社という基盤があるからこそ、人間は営みが、生活ができるわけです。企業はずっと存続しなければならない。社長によって企業が売り上げがバーンと上がったり、逆に会社が潰れるようなことがあってはならない。売り上げや利益のために会社がどうなるかわからないような判断は絶対にしてはならない。


どこでもいい中でこの会社というのではなく、この会社に入りたいというような人にピンポイントで魅力というか、その人に合ったものを提供できないと、これから中小企業というのは採用も絶対できなくなっていくでしょう。


伸びている会社は間違いなく、何のためにその会社が存在しているのかという、存在価値、経営理念、それがハッキリしています。何のためにこの企業は存続しなければならないのかということが明確で、トップ以下社員みんながそれを信じている会社というのは強い。


「会社というものは最初の3年ぐらいは赤字で、それから徐々に黒字になるのが当たり前だ」と思って経営するのと、創業のとき1年目から「企業として色々な社会のインフラとか人とか使うのだったら、それに対して赤字というのは恥ずかしいことだ、絶対利益を出すのがトップとしての仕事だ」と思ってやるのとでは、差が出るのは当然。


会社を創業するときは、一人のカリスマ的な人間がいればある程度成功しやすいですよね。しかしそのカリスマがずっとその組織の中に居続けるということはまずないわけです。とするならば、どの会社でもぶつかる壁だと思いますが、どこかの時点では自分たちがこの会社の市場というものを作っていくという思いを持って行動できるような組織風土にしなければなりません。


他人がやるから自分もやるのではなく、先を読んだうえで、これが必要になるからこれをやる、独自性のあるものを見つけよう。他社と差別化するためにはオリジナリティが必要。


うちの会社で誇りに思っていることのひとつは、50年間一度も赤字を出していないんです。そんな大した会社ではありませんが、毎年利益を上げているというのは何が要因かと考えたら、企業の経営トップとして赤字を出すのは恥だと思って経営しているからだと思うんです。


社員に期待するということは、社長になってから考えるのではなく、できるだけオープンにした情報を与えた上で「お前が社長だったら、お前が経営者だったらどうするんや?」と絶えず問い続けることが経営者マインドを育てるために重要。


「お前しかおらんねんから頑張れ!」と言われるのと、「まぁ頑張ってみい。それで良かったら引き上げたるわ」と言われるのとでは、人を育てるうえでは大きな差になる。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ