樺澤豊の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

樺澤豊のプロフィール

樺澤豊、かばさわ・ゆたか。日本の経営者。「わたらせ渓谷鐵道(てつどう)」社長。群馬県庁で建築・住宅関連の業務に従事。その後、産業経済部観光局長を経てわたらせ渓谷鐵道に入社。総務企画部長などを務めたのち社長に就任。廃線寸前の同鉄道を様々なアイデアで復活させた。

話題づくりの秘訣は、「全国初」とか「日本で唯一」という情報を発信することです。そうすれば、メディアも取り上げやすいでしょう。


社外の人たちとうまく連携をするためには、「わ鐵(わたらせ渓谷鐵道)と一緒にやらないと損だ」という状況をつくり出すことです。もっと言ってしまえば、「わ鐵人気に便乗して儲けてくださいね」ということです。WIN-WINの関係って、そういうことでしょう。


中東の人を日本に招いたとき雨が降りっ放しだったので、招いた日本人がお詫びを言うと、「国に帰れば一年中雨が降らない。毎日のように雨に出合えて、一生で一番幸せだった」と逆に感謝されたという話を聞きました。つまり外国人から見れば、我々の日常生活自体が観光なんです。だから、あれがないこれがないと嘆くよりも、あるものを探せばいいのです。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ