樫尾忠雄の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

樫尾忠雄のプロフィール

樫尾忠雄、かしお・ただお。カシオ計算機(CASIO)の創業者。早稲田工手学校を卒業後、カシオの前身である樫尾製作所を設立、9年後カシオ計算機を設立。兄弟たちとともに世界初の小型純電気計算機を開発。電卓で世界的メーカーとなる。以後、電子楽器、デジタル腕時計、携帯電話などの各分野で代表的な企業となる。ジャンボジェットの開発などにも技術参加している

よい種をまけば必ずよい実がなる。最善を尽くせば必ず報いられる。


電卓競争で得た最大の教訓は、「メーカーは業界トップになること」であった。そうしないと、技術競争をリードできる立場になれないのである。


私たちは需要があるから開発するというのではなく、新しい技術があれば市場が作り出せると考える。俊夫(忠雄氏の弟、カシオの社長・会長)は「必要は発明の母」ならぬ「発明は必要の母」とよく言っていた。【覚書き|電卓・時計の次に楽器市場に乗り込んだ時の発言。この後、電子楽器が大きく発展することとなる】


メーカーは、業界トップになること。そうしないと、技術競争をリードできる立場になれないのである。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ